ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

赤ちゃんニキビの治療について

赤ちゃんニキビ治療といっても症状がひどい乳児脂漏性湿疹や乳児アトピー性皮膚炎でなければ特に治療は必要ないでしょう。
(生後1ヶ月頃ですと発疹をアトピーかどうか診断することは難しいかもしれません)

 

赤ちゃんニキビは母体アンドロゲンの影響を受けた一過性のもので、赤ちゃんのこの時期特有の症状ですからホルモンバランスが少しずつ整い消えていきます。
赤ちゃんニキビの症状が出たとしても、基本的にはそれ以上の進行を防ぐことを意識すれば良いでしょう。

 

産まれてすぐの赤ちゃんは皮脂の分泌がとても活発ですから、沐浴のたびに低刺激の石鹸または全身シャンプーを使い、ガーゼでクルクルとするように清潔にしてあげてください。
そのうえで肌の乾燥が気になる場合はベビーオイルで保湿してあげるとよいでしょう。
(馬油が良いという方もいらっしゃいます)

 

でも、初めての子育てで心配でたまらないという方は、小児科または皮膚科で診てもらうのが安心ですし薬を処方してもらうこともできます。

 

ただし、アクチアムローションとか大人用のニキビ薬は危険ですし、個人的にはステロイド系の軟膏も気になりますので、非ステロイド系の塗り薬が良いのではないでしょうか。

 

そして塗り薬は沐浴の後など、赤ちゃんの肌をきれいにした状態で塗るようにします。
できれば薬は使用しないほうが良いと思いますが、症状が進行してくると赤ちゃんも痒くて可哀そうですし、応急的に少し落ち着かせるための塗り薬の使用は間違いではないと思います。

 

注意したいのが生後2週間くらいの時で、ただの赤ちゃんニキビではなく、症状が顔や頭のほか胸や肩まで広がってくるようだと、粉ミルクのアレルギー反応といったことも考えられるのですぐさま医者の診察を受けてください。

赤ちゃんニキビの治療について関連エントリー

赤ちゃんニキビの症状と期間
赤ちゃんニキビとは、どういうものなのでしょうか? 赤ちゃんニキビは・・・・
赤ちゃんニキビの原因は?
赤ちゃんニキビの原因は考えられますが、最も強く影響するのは・・・・
赤ちゃんニキビの治療について
赤ちゃんニキビの治療といっても症状がひどい乳児脂漏性湿疹や・・・・
赤ちゃんニキビのケア方法@
赤ちゃんニキビの場合、特に治療をしなくても自然に消えていくものですが・・・・
赤ちゃんニキビのケア方法A
赤ちゃんニキビは大抵の場合、上手にケアしてあげれば自然に鎮静化しますが・・・・
乳児脂漏性湿疹について
赤ちゃんニキビと似た湿疹に乳児脂漏性湿疹についてお伝えします
赤ちゃんニキビと汗疹について
赤ちゃんニキビと汗疹の関係についてお伝えします。