ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

赤ちゃんニキビと汗疹について

赤ちゃんニキビ汗疹の関係についてお伝えしたいと思います。
汗疹(かんしん)というのはあせものことで、大きく分けて2種類の汗疹があります。

 

赤ちゃんの場合、無色透明の水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)になりやすく、白っぽいブツブツが出ます。
もうひとつは紅色汗疹(こうしょくかんしん)といって、こちらは大人にもできる赤い発疹がでます。

 

水晶様汗疹の方は、色が白っぽく赤ちゃんニキビに似ているので軽い症状にとらえがちですが、耳の後ろや髪の生え際は発見が遅れがちで、放っておくとどんどん広がります。
赤ちゃん自身は赤ちゃんニキビのように痒みや痛みを伴わないことが多いので心配なさそうですが、大人と同じくらい汗をかく上に寝る時間が多いため、汗が背中に停滞し汗疹になりやすいので、こまめにチェックしてあげてほしいと思います。

 

赤い発疹をともなう紅色汗疹の場合、大人でもつい手で掻いてしまうように、赤ちゃんも不快な痒みのために機嫌がすごく悪くなります。
紅色汗疹が悪化すると肌がジュクジュクするのでさらに機嫌が悪くなり、あせもの中にべたついた液体が見られます。

 

この液体は黄色ブドウ球菌という細菌で、完治するのが大変になるため、絶対に避けたいものです。
白っぽい小さな発疹が進行してできる赤いポツポツの赤ちゃんニキビは、アクネ菌が毛穴の上の皮脂に繁殖してできるものなので必ず毛穴の上に出現しますが、汗疹は毛穴に関係なく出現します。

 

あせもなのか赤ちゃんニキビなのか、どちらかわからない場合は、毛穴の上にあるかどうかで判断できると思いますが、良く解からない場合は受診して医師に判断してもらうようにしましょう。

 

アクネ菌による赤ちゃんニキビと黄色ブドウ球菌によるあせもとでは、効く薬も異なりますから、判断が付かないまま安易に塗り薬を付けるのは止めてくださいね。
普段のあせも対策としてはやはり、肌を清潔にしてあげることが基本です。

 

汗をかいたらぬれたガーゼなどでこまめにふき、毎日の入浴で汗を流してあげてください。
快適な室温は20〜24度、湿度は50%以下といわれていますので、冷房や暖房を強くし過ぎないことも必要です。

赤ちゃんニキビと汗疹について関連エントリー

赤ちゃんニキビの症状と期間
赤ちゃんニキビとは、どういうものなのでしょうか? 赤ちゃんニキビは・・・・
赤ちゃんニキビの原因は?
赤ちゃんニキビの原因は考えられますが、最も強く影響するのは・・・・
赤ちゃんニキビの治療について
赤ちゃんニキビの治療といっても症状がひどい乳児脂漏性湿疹や・・・・
赤ちゃんニキビのケア方法@
赤ちゃんニキビの場合、特に治療をしなくても自然に消えていくものですが・・・・
赤ちゃんニキビのケア方法A
赤ちゃんニキビは大抵の場合、上手にケアしてあげれば自然に鎮静化しますが・・・・
乳児脂漏性湿疹について
赤ちゃんニキビと似た湿疹に乳児脂漏性湿疹についてお伝えします
赤ちゃんニキビと汗疹について
赤ちゃんニキビと汗疹の関係についてお伝えします。