ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきび跡の種類(赤みニキビ)

にきび跡を分類してみると大きく3つのタイプに分かれます。
@赤みとなって残るにきび跡
A色素沈着が残ってしまうニキビ跡
B肌の表面に凸凹ができてしまうにきび跡

 

この他にもシミとなるもの、クレーターのようなニキビ跡なども上げられますが、上記の3つの中に含めることができるでしょう。
そして、それぞれのにきび跡の症状によって対策や治療方法が違ってくることがありますから、ひとつの知識として知っておくと良いと思います。

 

ここではまず、赤みとなって残るにきび跡について症状や原因を見てみましょう。
顔にできるにきびは、赤みのあるにきびがどうしてもできてしまいます。
にきび跡が赤く残る理由というのは、肌の内部でにきびが炎症を起こしているためです。

 

人間の皮膚下には毛細血管が張りめぐらされていますが、身体の外側から刺激を受け皮膚が損傷をした時は、毛細血管がその損傷部分を修復しようとして集まってきます。
にきびについてもニキビの炎症を抑えようとして毛細血管が働き、にきびの周りがうっ血するという訳なのです。

 

通常、この炎症はある程度時間が経てば沈静化してくるので、にきびの赤みも結果的には消えるものだと思います。
肌質や体質などは個人差があり、その時の体調なども関係してきますから、どれだけ待てば赤みが消えるのかと言われても返答に困りますが、早い人は数日から2週間くらいで回復するでしょうし、回復が遅い人は数年かかる事もあるでしょう。
そして、うっ血部分がうまく再生されずに、赤みを帯びたままニキビ跡として残ってしまうことがある訳です。

 

赤みのあるにきびへの対処法としては、ビタミンC誘導体やフラーレンなどの抗酸化成分の配合された、ニキビケア化粧品を使ってみるのが一般的に良いような気がします。
また、にきびの赤みは紫外線に当たると悪化してしまいますから、紫外線対策もばっちりとしてください。

にきび跡の種類(赤みニキビ)関連エントリー

にきび跡とは
にきび跡には色々な症状が見られますが、にきび跡というのは簡単に言ってしまうと、にきびができた後に残る・・・・
にきび跡の種類(赤みニキビ)
にきび跡の種類にはいくつかあります。 それぞれのにきび跡の症状によって対策や治療方法が違ってくることがありますが、ここでは、赤みとなって残るにきび跡について見てみます。
にきび跡の種類(色素沈着)
ここでは色素沈着としてニキビ跡が残ってしまうケースを見てみす。 にきび跡の色素沈着というのは、赤にきびが悪化して炎症を起こしてしまい・・・・
にきび跡の種類(凸凹ニキビ)
凸凹や月のクレーター状に残ってしまうにきび跡の症状は、にきびの炎症が皮膚の表皮だけでなく真皮にまで破壊活動が及んでしまったために、肌が変形してしまった状態です。 肌の表面の破壊活動が・・・・
にきび跡ができる原因
にきび跡ができる原因としては、直接的には毛穴の中にあるにきび菌です。 にきびと言うと・・・・
にきび跡と毛穴の関係
にきび跡は毛穴に詰まった皮脂が大きく関係しています。 にきびというのは毛穴につまった皮脂が菌によって・・・・
にきび跡と乾燥肌
にきび跡ができる原因として、大人にきびを放置したためや、にきびを正しい処置をせず・・・・
体質(肌質)・遺伝とにきび跡の関係
にきび跡ができる原因として体質や遺伝が考えられます。 にきびは思春期にできやすいというのは・・・・
活性酸素がにきび跡の原因
にきびを悪化させニキビ跡を作ってしまう原因の一つとして活性酸素も無関係ではありません。・・・・
にきび跡ができる過程
ニキビ跡ができる過程を知ることで、にきび跡ができないような予防・対策、にきびの対処の仕方などが理解できる思います。