ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきび跡ができる原因

にきび跡ができる原因としては、直接的には毛穴の中にあるにきび菌です。

 

にきびと言うと思春期の男女によくできるといったイメージがありますが、思春期というのは性ホルモンの分泌が活発になっているので皮脂の分泌も多くなり、ケアを怠るとこれが毛穴を塞いでしまいます。
もちろん思春期をすぎた20代、30代になっても皮脂は分泌され続けます。

 

にきび菌は皮脂をエネルギー源にしているので、皮脂が毛穴に残ったままになっていると大喜びで活動し、にきび跡を作ってしまうという訳です。
にきび菌というのは常に毛穴の中にあるものなので、殺菌しても100%消滅させることはできず、にきび菌を増やさないことを心がけるようにします。

 

にきび跡ができる2次的な原因としては、肌を不潔にしているためににきび菌が増えるということのほか、毛穴のケアをしていない、乾燥肌、体質や遺伝的なもの、活性酸素などが考えられるでしょう。

 

にきびができたあとの対処方法は<ニキビケア>でいろいろと取り上げていますから参考にしていただき、とにかくそれ以上酷くならないようにしたいものです。

 

思春期のときのニキビは治りも早いですが、大人になってからのニキビは放置すると炎症が進んで酷くなりがちで、にきび跡も治りにくくなってしまいます。

 

にきびができやすい人は、一旦ニキビやにきび跡がよくなっても、治療やニキビケアを中止すると再発してしまう方が多いです。
こういう方は皮脂が蓄積しやすいタイプなので、ビタミン類の不足、食事内容では脂肪分や糖分が多い、ホルモンのバランスが乱れているといったことも考えられます。

 

にきび跡になってしまいますと一生消えないこともありますから、きれいな肌を守るためにニキビを軽視しないできちんとケアや治療をしたいものです。

にきび跡ができる原因関連エントリー

にきび跡とは
にきび跡には色々な症状が見られますが、にきび跡というのは簡単に言ってしまうと、にきびができた後に残る・・・・
にきび跡の種類(赤みニキビ)
にきび跡の種類にはいくつかあります。 それぞれのにきび跡の症状によって対策や治療方法が違ってくることがありますが、ここでは、赤みとなって残るにきび跡について見てみます。
にきび跡の種類(色素沈着)
ここでは色素沈着としてニキビ跡が残ってしまうケースを見てみす。 にきび跡の色素沈着というのは、赤にきびが悪化して炎症を起こしてしまい・・・・
にきび跡の種類(凸凹ニキビ)
凸凹や月のクレーター状に残ってしまうにきび跡の症状は、にきびの炎症が皮膚の表皮だけでなく真皮にまで破壊活動が及んでしまったために、肌が変形してしまった状態です。 肌の表面の破壊活動が・・・・
にきび跡ができる原因
にきび跡ができる原因としては、直接的には毛穴の中にあるにきび菌です。 にきびと言うと・・・・
にきび跡と毛穴の関係
にきび跡は毛穴に詰まった皮脂が大きく関係しています。 にきびというのは毛穴につまった皮脂が菌によって・・・・
にきび跡と乾燥肌
にきび跡ができる原因として、大人にきびを放置したためや、にきびを正しい処置をせず・・・・
体質(肌質)・遺伝とにきび跡の関係
にきび跡ができる原因として体質や遺伝が考えられます。 にきびは思春期にできやすいというのは・・・・
活性酸素がにきび跡の原因
にきびを悪化させニキビ跡を作ってしまう原因の一つとして活性酸素も無関係ではありません。・・・・
にきび跡ができる過程
ニキビ跡ができる過程を知ることで、にきび跡ができないような予防・対策、にきびの対処の仕方などが理解できる思います。