ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきび跡と毛穴の関係

にきび跡毛穴に詰まった皮脂が大きく関係しています。
にきびというのは毛穴につまった皮脂が菌によって分解されるときに刺激物を生産しているのですが、炎症が酷くなるとコラーゲンなどを損傷して皮膚細胞を破壊してしまうためににきび跡になるわけです。

 

にきびができないためには毛穴の汗と皮脂のバランスが大切だと言われます。
皮脂分泌量が適当で汗も適当に出ているバランスが取れているときは、にきび菌の繁殖や肌の乾燥などが防げているのでニキビ跡にもなりにくくなります。

 

皮脂分泌量が過剰になる原因としては、体調不良、ストレス、気温の上昇、油っぽい食べ物・糖分の取りすぎ、香辛料などの刺激物の取りすぎなどがあり、毛穴に角質を溜めないためにも体調管理・食事管理に気を使ってほしいと思います。

 

毛穴が開いている場合は皮脂やほこりなどで、ニキビの炎症を起こしやしやすい状況になっているので、毛穴が開いていないほうが良いです。
でも、毛穴が開く原因を皮脂分泌のせいだと考えて、皮脂を取り除こうとする方がいますが、これをやりすぎると逆に皮脂が分泌されやすくなるので、その結果毛穴は開きやすくなってしまいます。
ですから、皮脂を無理やり取り除こうとせずに、オイルやクリームを使用して油分を補うほうが結果として毛穴の開きを抑えることになります。

 

毛穴は肌のタイプが関係するので、自分に合った肌の手入れ方法を知っておくことが、ニキビ・にきび跡を作らないことに繋がります。
例えば肌がかさつくタイプの人は、特に月経前に皮脂が増え、体調の変化で角質の状態が悪くなり毛穴のトラブルになるので、皮脂を取り除く化粧水などで肌をお手入れすることも必要となります。

 

にきび跡を作ってしまう原因が毛穴のケア不足だけではありませんが、ニキビが悪化しないためには、大切なこととなります。

にきび跡と毛穴の関係関連エントリー

にきび跡とは
にきび跡には色々な症状が見られますが、にきび跡というのは簡単に言ってしまうと、にきびができた後に残る・・・・
にきび跡の種類(赤みニキビ)
にきび跡の種類にはいくつかあります。 それぞれのにきび跡の症状によって対策や治療方法が違ってくることがありますが、ここでは、赤みとなって残るにきび跡について見てみます。
にきび跡の種類(色素沈着)
ここでは色素沈着としてニキビ跡が残ってしまうケースを見てみす。 にきび跡の色素沈着というのは、赤にきびが悪化して炎症を起こしてしまい・・・・
にきび跡の種類(凸凹ニキビ)
凸凹や月のクレーター状に残ってしまうにきび跡の症状は、にきびの炎症が皮膚の表皮だけでなく真皮にまで破壊活動が及んでしまったために、肌が変形してしまった状態です。 肌の表面の破壊活動が・・・・
にきび跡ができる原因
にきび跡ができる原因としては、直接的には毛穴の中にあるにきび菌です。 にきびと言うと・・・・
にきび跡と毛穴の関係
にきび跡は毛穴に詰まった皮脂が大きく関係しています。 にきびというのは毛穴につまった皮脂が菌によって・・・・
にきび跡と乾燥肌
にきび跡ができる原因として、大人にきびを放置したためや、にきびを正しい処置をせず・・・・
体質(肌質)・遺伝とにきび跡の関係
にきび跡ができる原因として体質や遺伝が考えられます。 にきびは思春期にできやすいというのは・・・・
活性酸素がにきび跡の原因
にきびを悪化させニキビ跡を作ってしまう原因の一つとして活性酸素も無関係ではありません。・・・・
にきび跡ができる過程
ニキビ跡ができる過程を知ることで、にきび跡ができないような予防・対策、にきびの対処の仕方などが理解できる思います。