ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

活性酸素がにきび跡の原因

にきびを悪化させニキビ跡を作ってしまう原因の一つとして活性酸素も無関係ではありません。
活性酸素というのはどんなものかご存知でしょうか?

 

活性酸素とは大気中の酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称で、人間の体への役割としては、体内に侵入しようとする細菌を防いでくれる、云わば免疫システムとして重要な立場にあります。

 

しかしながら、これが時としてにきび跡を作ってしまう要因にもなるのです。
私たちが生きていくためには酸素は不可欠なわけですが、脂質を酸化させてしまう性質も持っているために、DNAが酸化されると遺伝情報が乱れたりします。

 

大切なタンパク質も変化するため細胞機能が低下し、にきびの悪化、皮膚の老化、さらには生活習慣病や癌などにも発展する困った物質でもあるのです。
にきびに対して具体的には、活性酸素によって皮脂が酸化してしまい、遊離脂肪酸や過酸化資質という物質に変わために炎症を起こします。
これがにきびですね。

 

さらににきびを放置したりして炎症を改善させないでいると酸化が進みニキビ跡になるという訳です。
活性酸素がにきび跡に影響するということは、これを取り除けば良いという考えも浮かびますが、外部からのウィルスや菌に対して消毒・滅失してくれる働きを取り去ることはできませんから、活性酸素の量をコントロールする必要が出てきます。

 

通常、私たちは生活上、歩いたり、食事して胃腸を働かせたり、脳を使ったてエネルギーを消費していますが、このエネルギー代謝の過程で活性酸素は必ず発生し、それが約3%と言われます。
これ以上発生すると体に余分な活性酸素の発生ということになり細胞を傷つけにきび跡も作ってしまいます。

 

活性酸素が余分に発生する原因としては様々あり、一例をあげると、
@ストレスが溜まったりや暴飲暴食するのは活性酸素を増やす原因です。
A排気ガスの窒素酸化物(NOx)等の有害物質は脂質を酸化させます。
B紫外線もまた酸素分子が酸素原子に変化するため水と反応して強力な活性酸素になります。
C激しいスポーツをすると急激な代謝が行われるので活性酸素が過剰になります。
D化粧品やヘアカラーなどに使われる化学成分は活性酸素を溶かしこんだ薬品が使われています。

 

他にも水道水、タバコ、アルコール、食品添加物など活性酸素の発生要因は実にたくさんあります。
これだけ例を挙げると活性酸素の量をコントロールするのは不可能なような気もしますが、活性酸素を減らすには食生活が特に重要です。

 

酸化物に抵抗力のある食事、ビタミン類、ミネラルなどを積極的に摂取し活性酸素を減らすように心がけましょう。
過剰な活性酸素を減らせば、にきびやにきび跡への対策となりますから、普段から意識してみてほしいと思います。

活性酸素がにきび跡の原因関連エントリー

にきび跡とは
にきび跡には色々な症状が見られますが、にきび跡というのは簡単に言ってしまうと、にきびができた後に残る・・・・
にきび跡の種類(赤みニキビ)
にきび跡の種類にはいくつかあります。 それぞれのにきび跡の症状によって対策や治療方法が違ってくることがありますが、ここでは、赤みとなって残るにきび跡について見てみます。
にきび跡の種類(色素沈着)
ここでは色素沈着としてニキビ跡が残ってしまうケースを見てみす。 にきび跡の色素沈着というのは、赤にきびが悪化して炎症を起こしてしまい・・・・
にきび跡の種類(凸凹ニキビ)
凸凹や月のクレーター状に残ってしまうにきび跡の症状は、にきびの炎症が皮膚の表皮だけでなく真皮にまで破壊活動が及んでしまったために、肌が変形してしまった状態です。 肌の表面の破壊活動が・・・・
にきび跡ができる原因
にきび跡ができる原因としては、直接的には毛穴の中にあるにきび菌です。 にきびと言うと・・・・
にきび跡と毛穴の関係
にきび跡は毛穴に詰まった皮脂が大きく関係しています。 にきびというのは毛穴につまった皮脂が菌によって・・・・
にきび跡と乾燥肌
にきび跡ができる原因として、大人にきびを放置したためや、にきびを正しい処置をせず・・・・
体質(肌質)・遺伝とにきび跡の関係
にきび跡ができる原因として体質や遺伝が考えられます。 にきびは思春期にできやすいというのは・・・・
活性酸素がにきび跡の原因
にきびを悪化させニキビ跡を作ってしまう原因の一つとして活性酸素も無関係ではありません。・・・・
にきび跡ができる過程
ニキビ跡ができる過程を知ることで、にきび跡ができないような予防・対策、にきびの対処の仕方などが理解できる思います。