ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

ビタミンでするにきび跡ケア

にきびを作らないための普段のスキンケアにビタミンCが効果的だということは「ビタミンCでするニキビケア」で説明しましたが、にきび跡になってしまった時のニキビケアにもビタミンCビタミンB2B6などがとても有効なんですよ。

 

ビタミンCの働きとして美白効果がよく知られていますが、ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す作用があって、皮膚の新陳代謝を行う栄養分を補ってくれたり、ストレスによる肌へ悪影響を防ぐ効果もあります。
それに炎症を起こした肌への鎮静化効果があるので、にきび跡の拡大を最小限に抑えますし、過剰な皮脂分泌を抑制して角栓をゆるめる働きだってあります。

 

皮脂分泌は肌の潤いを保ち雑菌の外部侵入を防ぐ働きがあってとても大切なものですが、過剰分泌はよくありませんからビタミンCの摂取で調整してほしいと思います。

 

つぎにビタミンB2ですが、ビタミンB2は牛乳から発見されたビタミンです。
脂質からエネルギーを作るときに重要な栄養素で、口や皮膚、口腔などの粘膜を正常に保つためにも大切です。
にきび跡ケアのためには脂腺の活動を抑える働きがあります。

 

ビタミンB6は体内にたんぱく質(アミノ酸)を供給する働きがあって、にきび跡を再生するための皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。
ハリやツヤのある瑞々しい肌を作るためにとても重要です。

 

ビタミンEに関しては、強い抗酸化パワーをもち老化を防ぐビタミンとして有名ですが、抗炎症作用も持っていて、紫外線や寒さなどのストレスから皮膚を守ってくれます。

 

このようにビタミンを摂取することは身体全体の健康を維持・強化することと共に、きび跡ケアのために意識して取り入れてほしいです。

 

ビタミンを補うにはやはり食品から取るのが望ましいですね。
「にきび予防に良い食べ物」でも紹介していますが、ビタミンが豊富な主な食品としては次のようなものがあります。

 

ビタミンC・・・パセリ、小松菜、ピーマン、ブロッコリーなどの生野菜、果物(苺・キウイ・グレープフルーツなど)、アセロラジュース、めんたいこ、レッドキャベツなど
ビタミンB2・・・牛乳やチーズなどの乳製品、ウナギ、レバー、鶏はつ、サバ、納豆、のり、卵など
ビタミンB6・・・にんにく、牛肉(レバー)、マグロ、サンマ、鮭、イワシ、さつまいも・バナナ・豚ももなど
ビタミンE・・・大豆、小麦、ほうれん草、さつまいも、かぼちゃ、いくら、ウナギ、サンマ、イワシ、卵、ナッツ類、ひまわり油など

 

これらのビタミン類は、にきび跡をケアするため、またニキビ予防するために欠かせません。
にきび跡ケアに活かすため食事で補いきれない場合は、サプリメントなどを使ってでも積極的に摂取したいものです。

ビタミンでするにきび跡ケア関連エントリー

にきび跡ができにくい肌への改善法
にきび跡は誰もができてほしくないものですが、大人にきびはいつできてしまうかわかりません。 もしも・・・・
にきび跡と紫外線
にきび跡と紫外線について説明します。 紫外線がにきびの原因になることは・・・・
にきび跡・肌トラブルを起こさないスキンケア
肌のトラブルには、ニキビやにきび跡、吹き出物、日焼けなどいろいろあるのですが、これら肌トラブルに巻き込まれることは・・・・
にきび跡スキンケアの基本
にきび・にきび跡のスキンケアの方法は色々とあるわけですが、ニキビケア・スキンケアの基本は・・・・
正しい洗顔方法でにきび跡ケア
にきび跡をケアするための基本は洗顔ですが、詳しくにきび跡の洗顔方法について見てみます。
にきび跡と毛穴のケア
にきびやニキビ跡ができる原因に毛穴が大きく関係している・・・・
ビタミンでするにきび跡ケア
にきびを作らないための普段のスキンケアにビタミンCが効果的だということは・・・・
にきび跡化粧品の基本知識
にきび跡ができてまった場合の化粧品はどういう使い方をすれば良いのか考えてみましょう。
にきび跡に使用できる化粧品
にきび跡に効果のある化粧品といってもたくさんの商品が発売されています。 にきび用化粧品ランキングでも常に・・・・
にきび跡に使用できる化粧水
にきび跡には化粧水も効果のある化粧品です。 ターンオーバーが正常に行なわれていれば・・・・
にきび跡に使用できる美容液
にきび跡を治したい、改善したいと思っている方は多いのですが、なかなか良くならないのは・・・・