ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきび跡に使用できる化粧品

にきび跡に効果のある化粧品といってもたくさんの商品が発売されています。

 

にきび用化粧品ランキングでも常に上位にある「薬用プロアクティブ」などは、日米売上No.1ということでよく知られています。
他にも薬用化粧品としては草花木果、ノブ(NOV)、ビーグレン、アイナソープ、エテュセなどが代表的なブランドになります。

 

薬用化粧品は刺激が少なく天然ミネラル成分を使用しているものが多いのですが、必ずニキビ跡が改善されるということではありません。
口コミをみても全く効果がないというひとがいるのは体質・肌質が合わないからで、初めてのにきび用化粧品を使ってみようとするときはトライアルセットなどで試してみるようにしましょう。

 

にきび跡に使用できる化粧品をいくつか紹介してみます。

 

【オーラスキン】
オーラスキンは、にきび跡やしみ、そばかすを隠すのではなく修復することのできる基礎化粧品として、人工皮膚成分が話題のキチンキトサンが配合されている商品です。
キトサンというのはカニやエビの殻、昆虫の表皮、イカなどの骨格などから抽出される成分で、20世紀最後のバイオマス(生物資源)と言われた物質です。
キトサンは手術用縫合糸や人工皮膚などにも応用されている物質で、人の肌との親和性がが良いのでにきび跡にも効果があると高評価を得ています。
オーラスキンはシリーズになっていてフェイスクリーム、ファンデーション、化粧水、化粧下地、フェイスシート、シワ専用クリームなどで構成されています。

 

【ビーグレン】
ビーグレンの「大人のニキビ専用セット」も人気があるにきび跡対策化粧品です。
ビーグレンの特徴は高濃度のビタミンCを配合した美容液、新潟産の天然クレイを使った洗顔料・保湿ローションで、クレーターにきび跡色素沈着してしまったにきび跡に効果的な化粧品です。
美容液は一般的に販売されているビタミンC誘導体を配合して化粧品と比べると10倍の高濃度で配合されているということで、ニキビ肌でも医薬品レベルの浸透力をもっている点が評価されています。

 

【シーボディー】
シーボディーも最新型のビタミンC誘導体とビタミンA、ビタミンE誘導体をたっぷりと配合された商品です。
ビタミンA誘導体は皮膚修復効果で肌を柔らかくしてくれますし、ビタミンE誘導体は皮膚細胞の酸化をくい止める働きがあります。
そこにビタミンC誘導体が加わっているので凸凹にきび跡、色素沈着にきび跡にも一定の効果があるとの評判です。
皮膚科処方と同様の成分を配合しているという点が特徴で人気になっており、シーボディーもニキビ跡に使用できる化粧品として上位にランクできる商品でしょう。

にきび跡に使用できる化粧品関連エントリー

にきび跡ができにくい肌への改善法
にきび跡は誰もができてほしくないものですが、大人にきびはいつできてしまうかわかりません。 もしも・・・・
にきび跡と紫外線
にきび跡と紫外線について説明します。 紫外線がにきびの原因になることは・・・・
にきび跡・肌トラブルを起こさないスキンケア
肌のトラブルには、ニキビやにきび跡、吹き出物、日焼けなどいろいろあるのですが、これら肌トラブルに巻き込まれることは・・・・
にきび跡スキンケアの基本
にきび・にきび跡のスキンケアの方法は色々とあるわけですが、ニキビケア・スキンケアの基本は・・・・
正しい洗顔方法でにきび跡ケア
にきび跡をケアするための基本は洗顔ですが、詳しくにきび跡の洗顔方法について見てみます。
にきび跡と毛穴のケア
にきびやニキビ跡ができる原因に毛穴が大きく関係している・・・・
ビタミンでするにきび跡ケア
にきびを作らないための普段のスキンケアにビタミンCが効果的だということは・・・・
にきび跡化粧品の基本知識
にきび跡ができてまった場合の化粧品はどういう使い方をすれば良いのか考えてみましょう。
にきび跡に使用できる化粧品
にきび跡に効果のある化粧品といってもたくさんの商品が発売されています。 にきび用化粧品ランキングでも常に・・・・
にきび跡に使用できる化粧水
にきび跡には化粧水も効果のある化粧品です。 ターンオーバーが正常に行なわれていれば・・・・
にきび跡に使用できる美容液
にきび跡を治したい、改善したいと思っている方は多いのですが、なかなか良くならないのは・・・・