ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきび体質とにきび跡の予防法

にきび体質の人というのはときどき見受けられます。
小学生の頃から顔中にニキビができて思春期をニキビと共に過ごしたという方、さらに大人になっても、大人にきびに悩まされ続けているという人も少なくありません。

 

にきび体質というのは遺伝するのでしょうか?
科学的には証明はされていませんが、にきびそのものが遺伝することはないでしょうから、ニキビができ易い油体質が遺伝するということは考えられます。

 

油体質のひとは食生活の影響が大きいと思います。
脂肪分や糖分などが過剰摂取になりがちな人はにきび体質になりやすく、子供は親の食習慣を引き継いでいますから、親がにきびになりやすい生活をしていれば、子供もニキビができやすい体質になっていても不思議ではありません。

 

ただし、繰り返しになりますが、ニキビが遺伝するのではなくニキビができやすい体質や生活習慣が親と同じになっているだけなので、これを改めればニキビを防ぐことはできます。
にきびができやすい人は、にきび跡も残る可能性が高くなると言えますが、凹凸・クレーター色素沈着赤みのにきび跡ができてしまうと、新陳代謝による自然治癒が難しかったり、皮膚科や美容外科で治療してもなかなか治らなかったりします。
ですからニキビ体質の人は普段からニキビができないような生活を心がけ、にきび予防に努めることが大切だと思います。

 

にきびの予防方法は「にきび跡の原因と一般的対策」でも少し触れましたが、規則正しいバランスのとれた食生活をすることが一番重要で、そのほかには十分な睡眠、ストレス解消、肌を清潔にするなどです。
偏った食生活を続けることが良くないのですが、食事をすることは人生の最高の楽しみでもありますから、神経を使いすぎて精神的ストレスをためることはにきび跡には逆効果になることもあります。

 

ファーストフードやインスタントラーメンなどにきび跡によくないものであっても、どうしても食べたくなった時は、ニキビを気にせず美味しく食べた方が良いでしょう。
気が済んだ後は野菜中心のバランスの良い食事を心がけて下さいね。

 

また、女性の人はニキビができても化粧しなければいけないのが困るところです。
にきび専用の基礎化粧品というのがありますが、合わない人が多いようなので使用の際は十分注意してほしいと思います。
何はともあれクレンジングが重要です。
メイク落としが十分にできないと、にきびの悪化に繋がりにきび跡になりやすくなります。
クレンジング剤には乾燥させないように良質のジェルタイプのものをお勧めします。

 

にきび跡を作らないためには紫外線からの予防も頭に入れてほしいと思います。
ニキビ肌の人は、肌を乾燥させない様に家から出ない日でも日焼け止めを毎日使うことが良いでしょう。
そして十分な睡眠時間と早寝早起きです。
早寝早起きが、にきび跡と関係があるの?と思われそうですが、人間は日の出から日の入りまでが身体を活動させるのに最適なようにできていますから、肌の傷を修復するための夜の時間を長く取るようにしたいものです。

 

にきび体質は親譲りであったとしても、にきび跡を作らない予防方法は一人ひとりの心がけでできることですから、是非とも習慣にしてほしいと思います。

にきび体質とにきび跡の予防法関連エントリー

にきび跡の治療と対策について
にきび跡というのは、にきびの炎症が治まった後の肌に残る、シミ、色素沈着、凸凹、クレーターなどの傷のことですが、治療するには・・・・
赤みニキビ跡の治療と対策
にきび跡の赤みは炎症を起こしているのが原因となっています。 赤みは毛細血管が破損部分を修復しようとしている証拠で、通常であればそのうちに炎症が治まり・・・・
色素沈着したニキビ跡の治療と対策
にきび跡の色素沈着というのは、にきびが化膿したり炎症を起こしてしまった後に、にきび跡の赤みが引かなかったり、・・・・
凸凹ニキビ跡の治療と対策
凸凹ニキビ跡の治療となると、にきびの炎症による破壊活動が皮膚の表皮だけでなく真皮まで至っているため難しいと言わざるを得ません。 凸凹にきび跡の対策としては・・・・
にきび跡の原因と一般的対策
にきびが悩ましいのは、顔や首筋など比較的肌が露出している部分に出来てしまうことだと思いますが、にきびができる原因を知ると・・・・
にきび体質とにきび跡の予防法
にきび体質の人というのはときどき見受けられます。 小学生の頃から顔中にニキビができて思春期をニキビと共に過ごしたという方、さらに大人になっても・・・・
にきび跡予防〜エッセンシャルオイル
にきび跡予防のひとつとして、エッセンシャルオイルは効果があります。 エッセンシャルオイル(精油)というのは、自然植物の花や葉、木部・・・・
にきび跡予防に睡眠不足の解消
ニキビとか吹き出物などの原因を見てみると、睡眠不足やストレスの場合が良くあります。 肌のトラブルは体調や悩み事なども顕著に影響がみられますから・・・・
にきび跡予防〜紫外線とストレス
にきび跡予防するには紫外線を浴びないことや、ストレスを溜めないことも大切なことです。 紫外線については・・・・
にきび跡の治療は諦めないこと!
にきび跡を持っている人は、にきび跡を治したい、ニキビ傷が目立たない綺麗な肌にしたいといつも願い、にきび以外の・・・・
にきび跡を残さないためにすること
にきび跡というのは、ニキビが悪化して最悪のケースにまで至ってしまった場合に残る物ですから、にきび跡を残さないためにすることは・・・・
にきび跡対策〜コラーゲン(その1)
にきび跡対策にコラーゲンがとても有効なことをご存知ですか? コラーゲンといえば美肌効果というイメージが強いですが・・・・
にきび跡対策〜コラーゲン(その2)
コラーゲンがにきび跡対策、特に凸凹ニキビ跡の修復にはコラーゲンは必要で、ニキビ跡の修復の他、肌の張りを生み、乾燥肌を防ぎ、・・・・
にきび跡にも悩まずに!
「にきび跡にも悩まずに!」という記事タイトルにしてしまいましたが、にきび跡を悩まずにいられる人は少ないと思います。 鏡を見て、顔にできたにきび跡ほど・・・・
にきび跡がクレーターになった時
にきびケアの基本を守り、スキンケアしながらニキビが出来やすい食べ物を控えるなど、日常生活からにきび対策を怠りなくやっていても・・・・
にきび跡の治療方法の種類
にきび跡ができてしまった場合、再発防止のためのニキビケアに努めながら、色素沈着やクレーター状のにきび跡の治療をしなければいけないと思いますが・・・・
にきび跡の治療法〜レーザー
にきび跡の治療法としてレーザーを使用した方法が多くの皮膚科や病院・クリニックで採用されています。 現在の日本ではにきびの治療だけでなく、シミ取りレーザー治療、いぼや吹き出物取りレーザー・・・・
にきび跡の治療法〜ケミカルピーリング
ケミカルピーリングはニキビ跡の治療法として効果があります。 グリコール酸などの角質溶解剤を使って、古くなってしまった角質を・・・・
にきび跡の治療法〜プラセンタ
プラセンタをにきび跡の治療法として行うことも考えられ、皮膚科クリニックでも勧めるところが多いようですがプラセンタとは何のことかご存知でしょうか?・・・・
にきび跡の治療法〜ハイドロキノン(1)
にきび跡の治療法としてハイドロキノンという美白力に優れた成分があります。 ハイドロキノンはメラニン色素の生成をおさえる作用が強く・・・・
にきび跡の治療法〜トレチノイン(2)
トレチノインは血液中にごく微量流れているものなので抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすことはありません。 しかしながら・・・・
にきび跡の治療法〜ハイドロキノン(2)
ハイドロキノンはニキビ跡の色素沈着治療として大変効果のある成分で、皮膚科・クリニックでも広く使用されています。 欧米では・・・・
にきび跡の治療法〜トレチノイン(1)
にきび跡の治療法に大変効果の高いものとしてトレチノインという成分があります。 トレチノインというのはビタミンAの・・・・
にきび跡の治療法〜フォトフェイシャルとは
にきび跡の治療法としてフォトフェイシャルがあります。 フォトフェイシャルは特殊な光を利用することによって肌のトラブルの原因となる・・・・
にきび跡治療〜フォトフェイシャルの長所・短所
にきび跡治療としてのフォトフェイシャルの長所・メリット、短所・デメリットをみてみましょう。
にきび跡治療〜フォトフェイシャル施術の流れ
にきび跡治療としてのフォトフェイシャルは、期待通りの優れた効果を得られることができると思いますが、実際に施術すると決断するまでに・・・・
にきび跡治療〜ダーマローラー
にきび跡治療としてダーマローラーを使った施術をする皮膚科、病院、美容クリニックは多く、凹凸にきび跡や・・・・
CO2フラクショナルレーザー
凸凹にきびなどのにきび跡治療やくすみ、美白、弛んだ皮膚の引き締め、しわ、毛穴ケアなどに優れた治療効果を発揮するとして・・・・
サーマクール
にきびやにきび跡の治療方法にサーマクール治療というのがあります。 サーマクールというのはアメリカの・・・・
イオン導入
イオン導入というにきび跡治療の方法をご存知でしょうか? イオン導入というのは、微量の電気を使用して美容成分を・・・・
リン酸型ビタミンC誘導体
にきび跡に効果のある治療法のひとつとして「リン酸型ビタミンC誘導体」というのがあります。 にきび跡が残ってしまうと、・・・・
新型ビタミンC誘導体
にきび跡のために新型ビタミンC誘導体という、リン酸型ビタミンC誘導体のさらに上を行くビタミンC誘導体が・・・・