ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきび跡の治療法〜ハイドロキノン(1)

にきび跡の治療法としてハイドロキノンという美白力に優れた成分があります。
ハイドロキノンはメラニン色素の生成をおさえる作用が強く、しみやそばかすなどの色素沈着の改善効果の高い強力な美白剤で、その効果が高いことから「肌の漂白剤」とも呼ばれています。

 

にきび跡として残る色素沈着は、赤にきびが悪化し炎症を起こしてしまい、メラニン色素が肌の表皮に頑固にくっ付いた物です。
ターンオーバーでは回復しないにきび跡の色素沈着は、レーザー治療ケミカルピーリングコラーゲンビタミンC誘導体などの方法も考えられますが、ハイドロキノンの色素沈着改善効果も高いので特徴やリスク、メリット、デメリットを知った上で使用を考えられたら良いと思います。

 

ハイドロキノン(ヒドロキノン)というのは、アルブチン(植物から抽出)の一種で、イチゴや麦芽、コーヒー、紅茶、海洋生物種の副産物など天然にも存在するもので、メラニン色素を作る細胞(メラノサイト)の活動を停止させ、新しいシミを作らせないようにすることができます。

 

今でこそハイドロキノンが配合された美白クリームなどの化粧品が増えていますが、その効果の高さから2001年まで、医者の処方箋なしに手に入れることができない医薬品でした。
現在は安全が確認され化粧品に使われていますが、以前まで美白効果のあるといわれていたコウジ酸やアルブチンよりも100倍の美白効果があるそうです。
試しに色素沈着していない健康な肌に毎日ハイドロキノン塗ってみると、そこだけが漂白されたように白くなってくるのが分かると思います。

 

化粧品(医薬部外品)として「ハイドロキノン入り」の商品は大体1%〜2%になっています。
この濃度ではにきび跡となった色素沈着が劇的に治っていくということは期待しにくいですが、これ以上濃度を上げると効果が出すぎて安全衛生上危険です。

 

ハイドロキノンの濃度が5%を超えると刺激が強くなりすぎてトラブルが増えるといわれているため、クリニックなどで医薬品として処方されるハイドロキノンは3〜5%になっていると思いますが、個人によって肌質は違いますから自分に合った薬を配合してもらって下さい。

にきび跡の治療法〜ハイドロキノン(1)関連エントリー

にきび跡の治療と対策について
にきび跡というのは、にきびの炎症が治まった後の肌に残る、シミ、色素沈着、凸凹、クレーターなどの傷のことですが、治療するには・・・・
赤みニキビ跡の治療と対策
にきび跡の赤みは炎症を起こしているのが原因となっています。 赤みは毛細血管が破損部分を修復しようとしている証拠で、通常であればそのうちに炎症が治まり・・・・
色素沈着したニキビ跡の治療と対策
にきび跡の色素沈着というのは、にきびが化膿したり炎症を起こしてしまった後に、にきび跡の赤みが引かなかったり、・・・・
凸凹ニキビ跡の治療と対策
凸凹ニキビ跡の治療となると、にきびの炎症による破壊活動が皮膚の表皮だけでなく真皮まで至っているため難しいと言わざるを得ません。 凸凹にきび跡の対策としては・・・・
にきび跡の原因と一般的対策
にきびが悩ましいのは、顔や首筋など比較的肌が露出している部分に出来てしまうことだと思いますが、にきびができる原因を知ると・・・・
にきび体質とにきび跡の予防法
にきび体質の人というのはときどき見受けられます。 小学生の頃から顔中にニキビができて思春期をニキビと共に過ごしたという方、さらに大人になっても・・・・
にきび跡予防〜エッセンシャルオイル
にきび跡予防のひとつとして、エッセンシャルオイルは効果があります。 エッセンシャルオイル(精油)というのは、自然植物の花や葉、木部・・・・
にきび跡予防に睡眠不足の解消
ニキビとか吹き出物などの原因を見てみると、睡眠不足やストレスの場合が良くあります。 肌のトラブルは体調や悩み事なども顕著に影響がみられますから・・・・
にきび跡予防〜紫外線とストレス
にきび跡予防するには紫外線を浴びないことや、ストレスを溜めないことも大切なことです。 紫外線については・・・・
にきび跡の治療は諦めないこと!
にきび跡を持っている人は、にきび跡を治したい、ニキビ傷が目立たない綺麗な肌にしたいといつも願い、にきび以外の・・・・
にきび跡を残さないためにすること
にきび跡というのは、ニキビが悪化して最悪のケースにまで至ってしまった場合に残る物ですから、にきび跡を残さないためにすることは・・・・
にきび跡対策〜コラーゲン(その1)
にきび跡対策にコラーゲンがとても有効なことをご存知ですか? コラーゲンといえば美肌効果というイメージが強いですが・・・・
にきび跡対策〜コラーゲン(その2)
コラーゲンがにきび跡対策、特に凸凹ニキビ跡の修復にはコラーゲンは必要で、ニキビ跡の修復の他、肌の張りを生み、乾燥肌を防ぎ、・・・・
にきび跡にも悩まずに!
「にきび跡にも悩まずに!」という記事タイトルにしてしまいましたが、にきび跡を悩まずにいられる人は少ないと思います。 鏡を見て、顔にできたにきび跡ほど・・・・
にきび跡がクレーターになった時
にきびケアの基本を守り、スキンケアしながらニキビが出来やすい食べ物を控えるなど、日常生活からにきび対策を怠りなくやっていても・・・・
にきび跡の治療方法の種類
にきび跡ができてしまった場合、再発防止のためのニキビケアに努めながら、色素沈着やクレーター状のにきび跡の治療をしなければいけないと思いますが・・・・
にきび跡の治療法〜レーザー
にきび跡の治療法としてレーザーを使用した方法が多くの皮膚科や病院・クリニックで採用されています。 現在の日本ではにきびの治療だけでなく、シミ取りレーザー治療、いぼや吹き出物取りレーザー・・・・
にきび跡の治療法〜ケミカルピーリング
ケミカルピーリングはニキビ跡の治療法として効果があります。 グリコール酸などの角質溶解剤を使って、古くなってしまった角質を・・・・
にきび跡の治療法〜プラセンタ
プラセンタをにきび跡の治療法として行うことも考えられ、皮膚科クリニックでも勧めるところが多いようですがプラセンタとは何のことかご存知でしょうか?・・・・
にきび跡の治療法〜ハイドロキノン(1)
にきび跡の治療法としてハイドロキノンという美白力に優れた成分があります。 ハイドロキノンはメラニン色素の生成をおさえる作用が強く・・・・
にきび跡の治療法〜トレチノイン(2)
トレチノインは血液中にごく微量流れているものなので抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすことはありません。 しかしながら・・・・
にきび跡の治療法〜ハイドロキノン(2)
ハイドロキノンはニキビ跡の色素沈着治療として大変効果のある成分で、皮膚科・クリニックでも広く使用されています。 欧米では・・・・
にきび跡の治療法〜トレチノイン(1)
にきび跡の治療法に大変効果の高いものとしてトレチノインという成分があります。 トレチノインというのはビタミンAの・・・・
にきび跡の治療法〜フォトフェイシャルとは
にきび跡の治療法としてフォトフェイシャルがあります。 フォトフェイシャルは特殊な光を利用することによって肌のトラブルの原因となる・・・・
にきび跡治療〜フォトフェイシャルの長所・短所
にきび跡治療としてのフォトフェイシャルの長所・メリット、短所・デメリットをみてみましょう。
にきび跡治療〜フォトフェイシャル施術の流れ
にきび跡治療としてのフォトフェイシャルは、期待通りの優れた効果を得られることができると思いますが、実際に施術すると決断するまでに・・・・
にきび跡治療〜ダーマローラー
にきび跡治療としてダーマローラーを使った施術をする皮膚科、病院、美容クリニックは多く、凹凸にきび跡や・・・・
CO2フラクショナルレーザー
凸凹にきびなどのにきび跡治療やくすみ、美白、弛んだ皮膚の引き締め、しわ、毛穴ケアなどに優れた治療効果を発揮するとして・・・・
サーマクール
にきびやにきび跡の治療方法にサーマクール治療というのがあります。 サーマクールというのはアメリカの・・・・
イオン導入
イオン導入というにきび跡治療の方法をご存知でしょうか? イオン導入というのは、微量の電気を使用して美容成分を・・・・
リン酸型ビタミンC誘導体
にきび跡に効果のある治療法のひとつとして「リン酸型ビタミンC誘導体」というのがあります。 にきび跡が残ってしまうと、・・・・
新型ビタミンC誘導体
にきび跡のために新型ビタミンC誘導体という、リン酸型ビタミンC誘導体のさらに上を行くビタミンC誘導体が・・・・