ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきびの種類とニキビケア

にきびの状態・症状にはいくつかの段階があって、種類分けすることができますが、それぞれにニキビケアの方法も異なってきます。
にきびの種類としては、よく言われる白にきび赤にきびのほか、黒にきび黄にきびがあって、悪化の進行具合で呼び方も変わっています。

 

にきびが出来初めの頃は、毛穴に角質や皮脂が溜まってすぐの頃で、よく見ないと分かりませんが、白にきびと呼ばれます。
皮膚が少し盛り上がり、毛穴のところにチョロッと白くみえるのが白にきびです。
白にきびの頃に素早くニキビケアができれば、楽チンににきび退治ができるので、白にきびができたとしてもそれほど慌てる必要はないでしょうう。

 

黒にきびも白にきびと同じような段階ですが、毛穴に詰まった皮脂や角質が空気に触れたことによって、だんだんと酸化し黒ずみになってくるのです。
黒にきびに対するニキビケアも、洗顔で詰まった皮脂や角質類を取り出すことができれば、回復も早く済みます。

 

次に白にきび、黒にきびが悪化進行した状態で、皮膚に赤く発疹が見られる赤にきびというのがあります。
赤にきびは皮脂が過剰分泌になっているために毛穴が詰まってしまい、アクネ菌が増殖して炎症を起こしている状態です。
赤にきびができたときのニキビケアとしては、炎症をさらに大きくしないために洗顔スキンケア以外は触らないほうが良いでしょう。
肌質がアレルギー性の敏感肌の人は赤い炎症が広がりやすく酷くなりやすいので、皮膚科を受診し専門医のアドバイスを受けた方が良いと思います。
また、赤にきびは皮脂が紫外線で酸化してしまうことによっても、赤く炎症を起こしてしまうことがあるので、紫外線対策も忘れないようにしてほしいと思います。

 

最後に、にきびの最終段階とも云うべき、赤にきびがさらに悪化した状態の黄にきびがあります。
にきびの炎症がひどくなり、毛穴の中は黄色っぽいクリーム状の膿が見え腫れあがる状態です。
痛みを伴うこともあり真皮まで傷付いている可能性が高く、炎症が治まったとしてもクレーターのようなにきび跡が残ったり、シミが残ったりします。
黄にきびまで悪化してしまうと、自宅でニキビケアできることはないと思います。
一刻も早く皮膚科を受診し治療を受けてください。

 

にきびはニキビケアを初期の段階で出来ているか、出来ていなかで、大きく結果が違ってきます。
特に、にきび肌になっている人は日常のニキビケアも怠らないようにしてくださいね。

 

にきびの種類とニキビケア関連エントリー

にきびケアの基本(1)
にきびケアには、にきびが出来てしまった時のケア、にきびが出来ないようにするためのスキンケアがあると思いますが、ニキビに対して正し知識で対処するということが・・・・・
にきびケアの基本(2)
今現在にきびができていなくても、過去におでこニキビや顎にきびができた経験のある人は、普段からのスキンケアに少し気を使った方がよいかも知れません。 スキンケア化粧品も・・・・
にきびとスキンケア
にきびを予防しようと思うと、毎日のスキンケアは欠かすことのできない大切なことです。 エステサロンでエステティシャンのマッサージなどを受けながらスキンケアをすることができれば、・・・・
ニキビケアとアクネ菌
ニキビケアやニキビの原因の話になると「アクネ菌」というのが出てきますが、アクネ菌というのはどう いうものかご存知でしょうか?
にきびの種類とニキビケア
にきびの状態・症状にはいくつかの段階があって、種類分けすることができますが、それぞれにニキビケアの方法も異なってきます。 にきびの種類としては・・・・
ニキビ芯のケア
にきびができた時は手を触れないようにするのが基本ですが、にきび症状の初期であるニキビ芯については、放置すると悪化することがあるため・・・・
ニキビケアには洗顔
ニキビケアには洗顔は欠かせない毎日の作業です。 ニキビというのは皮脂が毛穴に詰まって、そこにアクネ菌が繁殖するために炎症を起こしている状態ですから・・・・
ニキビケアできる食事は
ニキビケアしようと思ったときに、毎日洗顔をしたりにきびに専用の化粧水や化粧品を使うことも、必要なことですが、にきびの原因は・・・・
ビタミンCでするニキビケア
ニキビケアするにはビタミン類が欠かせません。 ビタミンAは角質が多くなってきた時に有効で、ビタミンB2、B6は・・・・
あごにきびのニキビケア
にきびは顔や背中、胸、お尻など色々な場所に顔を出しては、憂うつな気分にさせてくれますが、あごにきびも・・・・
背中にきびのニキビケア
背中にきびも案外と出来やすいものです。 背中にきびは自分の目で直接確認することも難しいので、ニキビケアは疎かになりがちで・・・・
睡眠時のニキビケア
睡眠時にもニキビケアに気を使いたい事がいくつかありますのでご紹介したいと思います。 にきび肌なので・・・・
外用薬によるニキビケア
ニキビケアの手段として最も多いのが外用薬によるニキビケアだと思います。 にきびができたことに気が付けば・・・・
内服薬によるニキビケア
ニキビケアするための薬としては外用薬と内服薬に分けられます。 外用薬によって皮膚に薬を塗るだけでは改善できない場合は、一般的に内服薬を服用することになるでしょう・・・・
漢方薬によるニキビケア
漢方薬によってニキビケアすることもできます。 ニキビケアというと、にきび箇所に塗りこむ外用薬や内服薬である抗生物質などに見られるように・・・・
皮脂分泌とニキビケア(1)
皮脂分泌への対策はニキビケアとしてとても大切なことです。 あなたは乾燥肌でしょうか?それともオイリー肌ですか?
皮脂分泌とニキビケア(2)
ニキビケアとして皮脂分泌の対策もきちんとしたいですね。 皮脂腺が集中している面積は広いので、オイリー肌の人がちょっと油断して皮脂を放置していると・・・・
ストレスとニキビケア
ニキビができる原因の一つにストレスがあります。 ストレスがたまってくると「胃が痛くなる」ということを聞きますが、それと似たようにストレスがたま ると・・・・
前髪とおでこにきびとニキビケア
おでこにきびが出来てしまいますと、とても目立つのですごく憂うつな気分になりますよね。 そのため、おでこにきびを隠そうと前髪を垂らしたりする人が多いのですが・・・・
にきびは潰さないで
白にきびが出来てしまったのを鏡で眺めていると、つい潰したくなってきませんか? よく、にきびは触るなと言われますが・・・・
爪とニキビケア
にきびが出来てしまった時は、悪化させないためにできるだけニキに触らずにおくのが基本となりますが、つい触ったり潰したりしてしまうのが・・・・
にきび跡のケア
にきび跡のケアは通常のニキビケアだけでは改善することは難しいです。 にきび跡には大きく2つに分けることができますが、ひとつは色素沈着で・・・・
生理前のニキビケア
にきびが生理前になるとできてしまって困るという人は多いと思いますが、なかなか分かっていてもニキビの発生を抑えることができません。 生理前のニキビケアとして・・・・