ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

ホルモン治療でにきびを軽減

にきび治療法のひとつとしてホルモン治療というのがあります。
にきびが出来る原因としてホルモンバランスの乱れがありますが、男性ホルモンの一種であるアンドロゲンの分泌活発化によって、皮脂の過剰分泌ということからにきびが出来てしまいます。

 

そのために人為的にホルモン剤を投与して、ホルモンバランスの乱れを調整し、皮脂分泌の量を和らげようとする治療法がホルモン治療といわれます。
ホルモン治療は正常な人間の体の働きを阻害しようとするものなので保険適用外となり、副作用も女性の場合では月経異常、便秘、肥満、イライラの他、血栓症や心筋梗塞の危険があり、男性でも女性化乳房などが報告されています。

 

一般的なホルモン剤としては、経口避妊薬(ピル)や総合代謝ホルモン剤、抗アンドロゲン剤などが使用されます。
ピルは避妊薬としても代表的な薬ですが、擬似的に体内を妊娠した状態におき、排卵を抑制してしまう薬です。

 

妊娠した状態を保つために、ピルには女性ホルモンの一種であるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲスチン(黄体ホルモン)が含まれ、アンドロゲン分泌量を抑制します。
にきび用ピルは黄体ホルモンの含まれる分量などによって、にきび第1世代からにきび第3世代などに分類することができますが、現在はアンドロゲン作用が極めて少ないマーベロンという第3世代のピルがホルモン剤として主流のようです。

 

病院でホルモン治療を受けようとすると、血液から血中の卵胞ホルモン(エストロゲン)や男性ホルモンの量を調べ、異常に多くないか少なくないかを判定します。
その結果、ホルモン量がニキビの原因だということになれば、比較的リスクの低い中用量ピル(卵胞ホルモン含有量が50μg)または低用量ピル(卵胞ホルモン含有量が50μg以下)のホルモン治療が行なわれます。

 

ピルなどのホルモン剤を長期間服用すると、いくらニキビ治療のためだといっても、乳がんや子宮がんなどの発症リスクを高めてしまいますし、黄体ホルモンなどのの含有割合でアンドロゲン作用も異なってきますから、にきびのホルモン治療に経験豊富な婦人科・皮膚科の医師による診断をお勧めします。

ホルモン治療でにきびを軽減関連エントリー

にきび治療について(1)
にきび治療の方法は色々とありますが、わざわざ皮膚科や病院へ行くことはしないという人も多いようです。 ニキビなんか大したことじゃないといって甘く考えていると・・・・
にきび治療について(2)
にきび治療の方法には様々あるわけですが、どの方法をとるかというのは、その人の体質や治療方法の好み、費用面、即効性があるかないかなど、で選択するにきび治療法は・・・・
皮膚科で行なうにきび治療(1)
にきび治療は皮膚科でできるということを知らない人が、かなり居るように思います。 にきびが悪化せず1つ2つくらいなら市販の薬で済ますということもできますが、・・・・
皮膚科で行なうにきび治療(2)
にきびができてしまって、どうも良くならないという時は早い目に皮膚科を受診してほしいと思います。 皮膚科で行なわれるにきび治療としては、内服薬治療、・・・・
にきび治療〜正しい皮膚科選び
にきび治療をしてくれる皮膚科を探しか方がわからないという方にちょっとアドバイスをしたいと思います。 皮膚科であればどこの病院も、にきびを診察してくれることはできますが、・・・・
にきび芯の出し方
にきび芯ができている状態というのは、皮脂や汚れなどの老廃物が毛穴が詰まり排出できない状態で、比較的初期の頃にできるものです。 この時は毛穴が詰まり始めの段階と言えますから、・・・・
LED療法でにきび治療
LEDというのは次世代の照明としても使われるようになってきた発光ダイオードのことですが、そのLEDがにきび治療としても脚光をあびてきています。 肌を若返らせる光療法というのは・・・・
ホルモン治療でにきびを軽減
にきび治療法のひとつとしてホルモン治療というのがあります。 にきびが出来る原因としてホルモンバランスの乱れがありますが・・・・
にきびのレーザー治療
にきび跡やできたてのニキビに対処するためにレーザー治療が注目されています。 今まではレーザー治療というと、にきび跡への治療のことを言いましたが、今はできてしまったニキビを・・・・
ケミカルピーリングでにきび治療
ケミカルピーリングでニキビケアしてみませんか。 ケミカルピーリングというのは、グリコール酸など皮膚に障害を与える化学物質を肌に塗布することによって・・・・