ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

ケミカルピーリングでにきび治療

ケミカルピーリングニキビケアしてみませんか。
ケミカルピーリングというのは、グリコール酸など皮膚に障害を与える化学物質を肌に塗布することによって、毛穴周辺にできた角質層を化学的な作用で剥がすことで肌を鍛え、以前より健康で美しい皮膚を取り戻そうとするにきび治療方法です。

 

ケミカルピーリングのメリットというと古い角質を削ることによって、新しい皮膚が生まれてくるので、肌に残ったにきびニキビ跡がなくなり、すべすべの肌に戻ることが1番嬉しいことです。
それに加えてにきび跡のくすみ、汚れも、色素沈着も改善できます。

 

ケミカルピーリングの技術は、シワ取りの方法として利用されてきたものが進歩してきたのですが、炎症性のにきびを治療するのに適し、にきびや症状の軽いにきび跡のほか、現在では、乾燥肌、シミ、ソバカス、色素沈着など、皮膚疾患全般の予防・改善に役立っています。

 

ケミカルピーリングを繰り返すことで皮脂が毛穴の中にたまりませんから、難治性のにきび治療にも効果があるといわれるのですが、肌の一部を薬剤を使い溶解させるという、考えてみれば荒療治なので、きちんと医師からの指導のもとでケミカルピーリングを行なうようにしてください。

 

ケミカルピーリングの代表的な角質溶解剤としては、通称フルーツ酸と呼ばれるAHA(αヒドロキシ酸)があります。
AHAにはクエン酸、グリコール酸、乳酸、リンゴ酸などがあり、その中でもグリコール酸の分子量は小さいので皮膚の中まで入りやすく、にきび跡が皮膚の表面だけでなく深部まで達している場合などに使われます。

 

ケミカルピーリングによるにきび治療といっても、そのニキビの症状によってピーリング剤の種類も変えなくてはいけませんから、色素沈着などの合併症を起こすことのないよう注意してほしいです。

 

ケミカルピーリングの治療費の相場は1回当たり1万円前後のようで、繰り返し受けた方がより良い効果が得られ、1〜2週間毎に1回受け、4〜6回受けると肌がかなり改善されると云われます。
人によってはピーリング後、赤くなったりヒリヒリすることがあると思いますから、患部を冷やしたりしてスキンケアしてください。

ケミカルピーリングでにきび治療関連エントリー

にきび治療について(1)
にきび治療の方法は色々とありますが、わざわざ皮膚科や病院へ行くことはしないという人も多いようです。 ニキビなんか大したことじゃないといって甘く考えていると・・・・
にきび治療について(2)
にきび治療の方法には様々あるわけですが、どの方法をとるかというのは、その人の体質や治療方法の好み、費用面、即効性があるかないかなど、で選択するにきび治療法は・・・・
皮膚科で行なうにきび治療(1)
にきび治療は皮膚科でできるということを知らない人が、かなり居るように思います。 にきびが悪化せず1つ2つくらいなら市販の薬で済ますということもできますが、・・・・
皮膚科で行なうにきび治療(2)
にきびができてしまって、どうも良くならないという時は早い目に皮膚科を受診してほしいと思います。 皮膚科で行なわれるにきび治療としては、内服薬治療、・・・・
にきび治療〜正しい皮膚科選び
にきび治療をしてくれる皮膚科を探しか方がわからないという方にちょっとアドバイスをしたいと思います。 皮膚科であればどこの病院も、にきびを診察してくれることはできますが、・・・・
にきび芯の出し方
にきび芯ができている状態というのは、皮脂や汚れなどの老廃物が毛穴が詰まり排出できない状態で、比較的初期の頃にできるものです。 この時は毛穴が詰まり始めの段階と言えますから、・・・・
LED療法でにきび治療
LEDというのは次世代の照明としても使われるようになってきた発光ダイオードのことですが、そのLEDがにきび治療としても脚光をあびてきています。 肌を若返らせる光療法というのは・・・・
ホルモン治療でにきびを軽減
にきび治療法のひとつとしてホルモン治療というのがあります。 にきびが出来る原因としてホルモンバランスの乱れがありますが・・・・
にきびのレーザー治療
にきび跡やできたてのニキビに対処するためにレーザー治療が注目されています。 今まではレーザー治療というと、にきび跡への治療のことを言いましたが、今はできてしまったニキビを・・・・
ケミカルピーリングでにきび治療
ケミカルピーリングでニキビケアしてみませんか。 ケミカルピーリングというのは、グリコール酸など皮膚に障害を与える化学物質を肌に塗布することによって・・・・