ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきび治療〜正しい皮膚科選び

にきび治療をしてくれる皮膚科を探しか方がわからないという方にちょっとアドバイスをしたいと思います。

 

皮膚科であればどこの病院も、にきびを診察してくれると思いますが、「内科・皮膚科」などと併記してある病院では片手間に皮膚も診ているという考え方もできますから、できれば皮膚科専門の病院で、あるいはニキビ専門外来、にきび治療専門クリニックといったニキビ専門医を選びたいものです。

 

自分のにきびが2週間近く経っても治らない、あるいは傷みを感じ、気になって勉強や仕事に集中できないというときは、すぐに皮膚科で治療を受けたほうが良いと思います。
皮膚科では、すぐに手術をしなければいけないような重症の場合は別として、通常はアクネ菌を殺菌する抗生物質や炎症を鎮めるための塗り薬が処方されると思います。

 

これらの薬で、症状が改善されニキビが治まったとしても、それ以外のニキビ予防・対策をしなければ、何度でもにきびができるでしょう。
信用のできる優秀な皮膚科というのは、一時的にニキビを治してくれるだけではなくて、ニキビが出来にくい体質、肌作りをアドバイスしてくれる医者だと思います。

 

また、にきびの治療方法もどんどん新しい方法や、薬が開発されています。
ところがいつ行っても同じ治療法しかしてくれない皮膚科は、患者のことをあまり考えていない、向上心のない皮膚科医かもしれませんね。
にきびが出来やすい体質、原因というのは、人それぞれ異なっていると思いますから、それを判断して、飲み薬治療なり、塗り薬治療、レーザー治療などをするのが、プロの皮膚科医だと思います。

 

医者によってもにきびへの考え方はいろいろあると思います。
角質をとるのが大切だと考える皮膚科ではケミカルピーリングに重点をおくでしょうし、皮脂分泌を重要視する先生は、ホルモン療法を取り入れるかもしれません。

 

どの皮膚科の治療方法が良いのか、自分に合っているのかは、その病院を受診してみないと判らない部分はありますが、にきびの症状に適合している治療方法だと自分で思える皮膚科を選択するようにしましょう。
家族や知人・友人からの評判なども有力な皮膚科選びの重要な情報となりますから参考にしましょう。

にきび治療〜正しい皮膚科選び関連エントリー

にきび治療について(1)
にきび治療の方法は色々とありますが、わざわざ皮膚科や病院へ行くことはしないという人も多いようです。 ニキビなんか大したことじゃないといって甘く考えていると・・・・
にきび治療について(2)
にきび治療の方法には様々あるわけですが、どの方法をとるかというのは、その人の体質や治療方法の好み、費用面、即効性があるかないかなど、で選択するにきび治療法は・・・・
皮膚科で行なうにきび治療(1)
にきび治療は皮膚科でできるということを知らない人が、かなり居るように思います。 にきびが悪化せず1つ2つくらいなら市販の薬で済ますということもできますが、・・・・
皮膚科で行なうにきび治療(2)
にきびができてしまって、どうも良くならないという時は早い目に皮膚科を受診してほしいと思います。 皮膚科で行なわれるにきび治療としては、内服薬治療、・・・・
にきび治療〜正しい皮膚科選び
にきび治療をしてくれる皮膚科を探しか方がわからないという方にちょっとアドバイスをしたいと思います。 皮膚科であればどこの病院も、にきびを診察してくれることはできますが、・・・・
にきび芯の出し方
にきび芯ができている状態というのは、皮脂や汚れなどの老廃物が毛穴が詰まり排出できない状態で、比較的初期の頃にできるものです。 この時は毛穴が詰まり始めの段階と言えますから、・・・・
LED療法でにきび治療
LEDというのは次世代の照明としても使われるようになってきた発光ダイオードのことですが、そのLEDがにきび治療としても脚光をあびてきています。 肌を若返らせる光療法というのは・・・・
ホルモン治療でにきびを軽減
にきび治療法のひとつとしてホルモン治療というのがあります。 にきびが出来る原因としてホルモンバランスの乱れがありますが・・・・
にきびのレーザー治療
にきび跡やできたてのニキビに対処するためにレーザー治療が注目されています。 今まではレーザー治療というと、にきび跡への治療のことを言いましたが、今はできてしまったニキビを・・・・
ケミカルピーリングでにきび治療
ケミカルピーリングでニキビケアしてみませんか。 ケミカルピーリングというのは、グリコール酸など皮膚に障害を与える化学物質を肌に塗布することによって・・・・