ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきびと洗顔料

にきび肌、ニキビ体質の方には洗顔料選びは大切です。

 

思春期にきびの場合、成長に伴ってホルモンバランスの乱れから皮脂の過剰分泌が生じることが原因となっています。
皮脂が毛穴をつまらせアクネ菌が繁殖するので炎症を起こしてニキビになるわけですね。

 

10代の頃は肌が柔らかいですから、皮脂(脂分)をキレイに落してくれる洗顔料選びが必要です。
スクラブ洗顔は細かい粒子でお肌をツルツルにしてくれ、毛穴の汚れを落とすためには良いのですが、ザラザラな粒子でゴシゴシ擦り、肌を傷めてニキビにつながりますからあまりお勧めできません。

 

また、大人にきびの場合は毛穴に過剰分泌した皮脂が詰まるのは思春期にきびと同じですが、肌が乾燥しやすい状態になっているので肌を守ろうとして皮脂が過剰分泌するわけです。
ですから肌を乾燥させないような洗顔料を選ぶ必要があります。

 

通常、洗顔料には界面活性剤が含まれていますが、界面活性剤は刺激が強く肌を乾燥させてしまうことが多いので、汚れだけを落とし肌の潤いを残す洗顔料を選びましょう。

 

洗顔料のタイプとしては固形タイプ、液体タイプ、ジェルタイプなどがあり、特にこだわる必要はないですが、しっかりと泡立つものを選びます。
弱酸性タイプは肌にやさしいのは確かですが、洗浄力が弱いと皮脂の汚れを落としてくれないことがあるので、弱酸性タイプかどうかは特に気にしなくても良いと思います。
それに化粧水を使用するためには脂分は邪魔ですから、洗顔料でしっかり落としてから化粧水あるいは美容液ニキビケアする方が良いでしょう。

 

洗顔料の選ぶときにもうひとつ大事なことは自分の肌質を知るということです。
自分の肌質をよくわからないで口コミや製品特徴だけで選んでしまうと効果も得られません。

 

化粧品売り場などでは肌質を調べてくれるところも多いですから、自分が乾燥肌なのか、脂肌なのか、また混合肌なのか確認してからそれに合う洗顔料を探しましょう。
最近は、にきび洗顔のために作られた洗顔料も多くありますからどれにしようか迷うかもしれませんね。

 

また、にきびには洗顔料選びは大事ですが、洗顔方法も大切ですから洗顔ポイントをよく理解するようにしてください。

にきびと洗顔料関連エントリー

にきび用化粧品の特徴
にきび用化粧品というのは、にきびができている人を対象にした化粧品のことで、石鹸や化粧水、ジェル、クリームなど様々な種類のものが販売されていますが、にきび用化粧品では・・・・・
にきび用化粧品ブランド
にきび用化粧品というのは、にきび肌に悩む人のために開発された、にきび専用の化粧品で、いろいろな化粧品ブランドが参入しています。 特に大人にきびがたびたび出来て困っている人は、・・・・
にきび化粧水について
ニキビ予防やニキビができた時の化粧水はどんなものが良いのでしょうか? にきびを予防したり、出来てしまったにきびを改善するためには肌の保湿は欠かせないといわれますが、・・・・
にきび化粧水の選び方
にきびが出来やすい肌質の人は、専用のにきび化粧水を使うことをオススメします。 一般的に乾燥肌とオイリー肌に分ければ、乾燥肌の人は肌の状態がよくありませんから、・・・・
にきび石鹸でニキビ予防する
にきびケアとして、普段使用している石鹸を替えるだけでも改善されることがあります。 にきび予防やにきび対策のための、薬や化粧品はたくさん販売されていますが、・・・・
ピーリングジェルでニキビ対策
ニキビが出やすい方には、クレンジング剤の選択にも気を使っている方が多いと思います。 クレンジング剤を正しく選べていないと、・・・・
にきびができた時の化粧の注意
にきびが出きてしまった時は、化粧を控える方が良いという事はハッキリと言えます。 にきびができているのに化粧を長時間していたり、にきびを隠すために・・・・
ニキビケアできる化粧品とは
にきび跡が気になる場合、化粧で誤魔化そうとする人が多いのですが、これは肌にとっては自殺行為と言えます。 にきび跡に化粧品が取り付き、さらに・・・・
にきびとクレンジング剤の関係
大人にきびが出来やすいニキビ肌の方はクレンジング剤の選び方についても・・・・
にきびとファンデーションの関係
大人にきびとファンデーションの関係については相反する関係と言えるでしょう。 ファンデーションというのは・・・・
にきびと洗顔料
にきび肌、ニキビ体質の方には洗顔料選びは大切です。 思春期にきびの場合・・・・
にきびと美白剤
にきびに美白剤を使って良いのでしょうか? 美白効果のある化粧品は・・・・
日焼け止めとニキビの関係
日焼け止めを塗ってニキビが増えた、悪化したという話をよく耳にしますが、・・・・