ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

ニキビにはニキビ予防が不可欠

ニキビが一度できてしまいますと、炎症を悪化させない様にしようと思っても赤にきびのように、すぐに治らない人も多いですし、色々な雑誌や広告で宣伝されているニキビケアをしてもなかなか綺麗に治ってくれないものです。

 

にきびを悪化させてクレーターや色素沈着などのにきび跡を作らないようにするためには、普段からのスキンケアや初期症状でのニキビ予防、ニキビ対策がとても大切なことになってきます。

 

それでは、どのようなニキビ予防をすればにきびに悩まなくて済むのでしょうか?
細かい具体的なニキビ予防の方法については他のところで説明しますので、ここでは全般的なことですが、とても大切なことをお伝えしたいと思います。

 

ニキビ予防といっても特別な方法というものはあまりないと思います。
毎朝夕に洗顔をするといった地道な努力はもちろん必要になります。
そして、にきびの出来やすい箇所に塗り薬を塗ったり、飲み薬を服用したり、グリコール酸や乳酸を使って古くなった皮膚の角質を除去するケミカルピーリングをすることも良いとされています。

 

これらは手軽にできるにきび予防として、新聞広告やテレビCMでも紹介されています。
しかしながら、たくさんのメーカーからたくさんの商品が出ていますが、必ずしも自分にあったニキビ予防グッズとは限りませんし、自分の肌に合ってる物を使用しないと、悪化させてしまうことにもなりかねません。

 

ニキビ予防するには、先ず自分の肌質を知ることが重要です。
そして自分の肌質に合ったニキビケア用品を使用することと、を使用する場合は病院や薬局で自分にあったものを処方してもらないといけません。
また女性の場合は化粧をしますが、化粧品も肌質に合わせた商品を選ばなければいけないです。

 

化粧品を初めて購入する時は、トライアル品で肌の様子を確認したり、皮膚科でその成分が肌に合うのかをカウンセリングしたりするようにしましょう。
化粧品については、ファンデーションだけでなくクレンジング剤や化粧水にも肌質との相性を確認するようにして下さいね。

 

その他のニキビ予防としては、体調管理ということも切り離すことができません。
食生活の乱れやストレス、寝不足、生理などは、にきびの原因となる皮脂の分泌量に大きく影響しますからこれらの原因に不安があるときは解消するような方法も合わせて取っていく必要があります。

ニキビにはニキビ予防が不可欠関連エントリー

にきびとは〜ニキビの基礎知識(その1)
にきびってどうしてできるのでしょうか? にきびができる原因を知らなくても、お肌のケアはできますが、にきびのできる理由・原因を知っておくと効果的なニキビケア、肌の手入れができると思います。
にきびとは〜ニキビの基礎知識(その2)
にきびは皮脂やアクネ菌が、毛穴に詰まった状態になってしまうとできるようですが、角質層の硬化が毛穴の詰まりの原因となるようです。 角質層の硬化は・・・・
にきび跡について(その1)
にきび跡の症状はいくつか種類があり、少し色が変わってしまっただけというものから、月のクレーターのように、皮膚が陥没したようになってしまうものまであります。 にきび跡が残ると・・・・
にきび跡について(その2)
にきび跡は十分なケアをせずに目立つような痕ができてしまうと、なかなか治し方が難しいと云われます。 にきび跡の種類には、シミになるにきび跡、赤みが残るにきび跡、・・・・・
にきびの芯とは
にきびの芯というのは毛穴に詰まってしまった皮脂が酸化して、凝り固まった状態のもので、「にきびの芯」とか、「コメド」などの呼び方をします。  にきびの芯は、知っていると思いますが、・・・・
にきびの膿は出すべきか
にきびに膿が出来てしまった場合、それはかなりにきびが重症化しているということです。 できたばかりのニキビがいきなり膿となることはありません。 通常は、・・・・
ニキビにはニキビ予防が不可欠
にきびを悪化させてクレーターや色素沈着などのにきび跡を作らないようにするためには、普段からのスキンケアや初期症状でのニキビ予防、ニキビ対策が・・・・
皮膚科でにきび治療する
ニキビを治すのに市販薬ではなかなか治らないという人も多いのですが、それは自分の肌質、体質ににきび治療薬が合っていないからで、そんな時は・・・・