ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

皮膚科でにきび治療する

にきびができる場所というのは人それぞれで違いますが、肌にできたニキビを治すのに市販薬を使用する場合、にきび場所によって薬が違うという市販薬ってあまりないですよね?

 

ところが私の場合、個人的な話になりますが、にきび治療のために訪れた皮膚科では、ニキビができている箇所によって処方された塗り薬が違います。
にきび症状の程度が軽度とか重度という違いではなく、ニキビの質が違うからだと言われました。

 

ニキビを治すのに市販薬ではなかなか治らないという人も多いのですが、それは自分の肌質、体質ににきび治療薬が合っていないからだと思います。
ですから、そんな時は一人ひとりに合わせた薬を処方することができる皮膚科を受診することをお勧めします。

 

市販薬が自分に合えば一番良いのですが、いろいろなメーカーのにきび薬を試してみてもダメなので、逆に悪化してしまったということにもなりかねません。
皮膚科などの病院や医院、形成外科クリニックなどでにきび治療を受けないのは、皮膚科では治療代が高くつく、皮膚科が混んでいるので行く時間がない、などの理由があるからでしょう。

 

たしかにそういうところはあるでしょうが、皮膚科で受診する方がやっぱりそれなりに価値があります。
皮膚科に行けば、塗り薬はもちろん飲み薬、ビタミン剤など、一人ひとりの症状に合った薬を処方してくれますから、その効果や治る時間の速さは市販薬の比ではないでしょう。

 

薬についての効能や副作用についての説明も受けられますから安心できるのではないでしょうか。
また、美容皮膚科では普通の皮膚科よりも、より丁寧に、詳しく対処してくれると思います。
日頃の肌の手入れや、ニキビ予防方法のアドバイスがあり、薬だけでなく化粧水なども個人に合ったものを処方してくれます。

 

またにきびが非常に悪化してしまった時や、にきび跡が残ってしまっている場合は、塗り薬だけでは治すことはとても無理なので、皮膚科での治療を受けないと仕方がありません。
クレーターになったにきび跡にコラーゲンを注入したり、レーザー治療でニキビ跡を目立たなくしてくれます。

 

皮膚科に行けば、にきび跡などのにきび治療が完全にできるということは言えませんが、放置しておいて良くなる事もまずありませんから、日頃のニキビケアでも手に負えなさそうと感じたら直ぐに皮膚科へ行く方が良いと思います。

皮膚科でにきび治療する関連エントリー

にきびとは〜ニキビの基礎知識(その1)
にきびってどうしてできるのでしょうか? にきびができる原因を知らなくても、お肌のケアはできますが、にきびのできる理由・原因を知っておくと効果的なニキビケア、肌の手入れができると思います。
にきびとは〜ニキビの基礎知識(その2)
にきびは皮脂やアクネ菌が、毛穴に詰まった状態になってしまうとできるようですが、角質層の硬化が毛穴の詰まりの原因となるようです。 角質層の硬化は・・・・
にきび跡について(その1)
にきび跡の症状はいくつか種類があり、少し色が変わってしまっただけというものから、月のクレーターのように、皮膚が陥没したようになってしまうものまであります。 にきび跡が残ると・・・・
にきび跡について(その2)
にきび跡は十分なケアをせずに目立つような痕ができてしまうと、なかなか治し方が難しいと云われます。 にきび跡の種類には、シミになるにきび跡、赤みが残るにきび跡、・・・・・
にきびの芯とは
にきびの芯というのは毛穴に詰まってしまった皮脂が酸化して、凝り固まった状態のもので、「にきびの芯」とか、「コメド」などの呼び方をします。  にきびの芯は、知っていると思いますが、・・・・
にきびの膿は出すべきか
にきびに膿が出来てしまった場合、それはかなりにきびが重症化しているということです。 できたばかりのニキビがいきなり膿となることはありません。 通常は、・・・・
ニキビにはニキビ予防が不可欠
にきびを悪化させてクレーターや色素沈着などのにきび跡を作らないようにするためには、普段からのスキンケアや初期症状でのニキビ予防、ニキビ対策が・・・・
皮膚科でにきび治療する
ニキビを治すのに市販薬ではなかなか治らないという人も多いのですが、それは自分の肌質、体質ににきび治療薬が合っていないからで、そんな時は・・・・