ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきびの芯とは

にきびの芯というのは毛穴に詰まってしまった皮脂が酸化して、凝り固まった状態のもので、「にきびの芯」とか、「コメド」などの呼び方をします。

 

にきびの芯は、にきびが出来たことがある人なら誰でも知っていると思いますが、ニキビを潰したときなどに見られる、ゴマ粒のような少し硬い棒状の物質がにきびの芯です。

 

にきびに芯が出来るのはどうしてかと言いますと、皮脂が過剰に分泌されたり、肌のターンオーバー(肌の新陳代謝のこと)が正常に行なわれないことで、古くなった角質が固まって毛穴に詰まったものだと云われます。

 

古くなった角質は、本来ならターンオーバーによってポロリと剥がれ落ちるはずなのですが、そのまま肌にくっ付いていると角質層が少しづつ厚くなってしまいます。

 

そこへ生理前だとか、ストレスだとか、何かの原因でホルモンバランスが崩れ、活発化してしまった多量の皮脂が毛穴に居座ることで、古い角質と混ざり合いそしてにきびにの芯になってしまうというわけです。

 

にきびの芯が出来ているということは、角質や皮脂やらで毛穴が汚れて詰まっていることを意味します。
ですから、にきびの芯の周りは、皮脂を好み酸素を嫌うアクネ菌が繁殖する可能性が高く、これからニキビが悪化するということになりますから、にきびの芯が出来たときは、すぐにニキビケア・早期治療を行なって下さい。

 

にきびの芯はそのまま放っておくと、悪化してきますから取り出した方がいいのですが、丁寧にとらないとにきび跡を作ってしまう原因にもなります。

 

自分でにきび芯を取り出すときは、その場所を清潔にし、面庖圧子という専用器具を使うと良いでしょう。
取り出した後は、にきび跡になり難いようにニキビ用軟膏などをつけてスキンケアしてくださいね。

 

にきびの芯とは関連エントリー

にきびとは〜ニキビの基礎知識(その1)
にきびってどうしてできるのでしょうか? にきびができる原因を知らなくても、お肌のケアはできますが、にきびのできる理由・原因を知っておくと効果的なニキビケア、肌の手入れができると思います。
にきびとは〜ニキビの基礎知識(その2)
にきびは皮脂やアクネ菌が、毛穴に詰まった状態になってしまうとできるようですが、角質層の硬化が毛穴の詰まりの原因となるようです。 角質層の硬化は・・・・
にきび跡について(その1)
にきび跡の症状はいくつか種類があり、少し色が変わってしまっただけというものから、月のクレーターのように、皮膚が陥没したようになってしまうものまであります。 にきび跡が残ると・・・・
にきび跡について(その2)
にきび跡は十分なケアをせずに目立つような痕ができてしまうと、なかなか治し方が難しいと云われます。 にきび跡の種類には、シミになるにきび跡、赤みが残るにきび跡、・・・・・
にきびの芯とは
にきびの芯というのは毛穴に詰まってしまった皮脂が酸化して、凝り固まった状態のもので、「にきびの芯」とか、「コメド」などの呼び方をします。  にきびの芯は、知っていると思いますが、・・・・
にきびの膿は出すべきか
にきびに膿が出来てしまった場合、それはかなりにきびが重症化しているということです。 できたばかりのニキビがいきなり膿となることはありません。 通常は、・・・・
ニキビにはニキビ予防が不可欠
にきびを悪化させてクレーターや色素沈着などのにきび跡を作らないようにするためには、普段からのスキンケアや初期症状でのニキビ予防、ニキビ対策が・・・・
皮膚科でにきび治療する
ニキビを治すのに市販薬ではなかなか治らないという人も多いのですが、それは自分の肌質、体質ににきび治療薬が合っていないからで、そんな時は・・・・