ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきびの膿は出すべきか

にきびが出来てしまった場合、それはかなりにきびが重症化しているということです。
できたばかりのニキビがいきなり膿となることはありません。

 

通常は、白にきびから黒にきび、黒にきびから赤にきびへと悪化し、さらに赤にきびが悪化すると、膿をもった黄にきび(膿にきび)になります。
にきびの膿は、皮脂を栄養分とするアクネ菌が増えすぎたために、白血球とアクネ菌が戦い、炎症を起こし、白血球の死骸が膿となっているわけです。

 

赤にきびの状態では単に炎症を起こしているだけですが、炎症が皮膚の真皮層にまで広がって化膿してしまうと、にきび痕が残ったりしてちょっとやっかいなことになります。
にきびが出来たときには、白にきびや黒にきびの段階で対処したいもので、膿が出るほど放っておくというのは困り者です。

 

一般的に言って、にきびは潰すなというのが定説で、初期症状では極力触らないで、クリームなどを使ってニキビケアする方が良いです。
赤にきびが悪化してしまいますと、外に出られない皮脂と膿が毛包(毛根を包んでいる部分)と皮脂腺を破いて真皮層や、さらに皮下組織にも損傷を与えますから、クレーターなどのニキビ跡を覚悟しないといけなくなります。

 

皮膚科の医者も「きれいに潰せば跡も残らない」「ちゃんとやれば、つぶした方が直りが早い」といいますが、そんな保証はありません。
しかし、膿になるということは、それほど肌の状態は追い込まれているということで、膿になってしまった場合は、出さなければ仕方がないでしょうね。

 

にきびをつぶすときは、爪に注意してください。
にきび部分は非常にデリケートですから、爪で引っかいたりすると傷になりますし、爪に雑菌が付いていたりするとさらに膿んでしまう可能性があります。

 

にきびが膿んでしまったときは、早めに皮膚科へ行って対処する方がいいと思います。
自然にニキビが潰れてしまったときは、クリームを塗るとか、消毒をするなどしてください。

にきびの膿は出すべきか関連エントリー

にきびとは〜ニキビの基礎知識(その1)
にきびってどうしてできるのでしょうか? にきびができる原因を知らなくても、お肌のケアはできますが、にきびのできる理由・原因を知っておくと効果的なニキビケア、肌の手入れができると思います。
にきびとは〜ニキビの基礎知識(その2)
にきびは皮脂やアクネ菌が、毛穴に詰まった状態になってしまうとできるようですが、角質層の硬化が毛穴の詰まりの原因となるようです。 角質層の硬化は・・・・
にきび跡について(その1)
にきび跡の症状はいくつか種類があり、少し色が変わってしまっただけというものから、月のクレーターのように、皮膚が陥没したようになってしまうものまであります。 にきび跡が残ると・・・・
にきび跡について(その2)
にきび跡は十分なケアをせずに目立つような痕ができてしまうと、なかなか治し方が難しいと云われます。 にきび跡の種類には、シミになるにきび跡、赤みが残るにきび跡、・・・・・
にきびの芯とは
にきびの芯というのは毛穴に詰まってしまった皮脂が酸化して、凝り固まった状態のもので、「にきびの芯」とか、「コメド」などの呼び方をします。  にきびの芯は、知っていると思いますが、・・・・
にきびの膿は出すべきか
にきびに膿が出来てしまった場合、それはかなりにきびが重症化しているということです。 できたばかりのニキビがいきなり膿となることはありません。 通常は、・・・・
ニキビにはニキビ予防が不可欠
にきびを悪化させてクレーターや色素沈着などのにきび跡を作らないようにするためには、普段からのスキンケアや初期症状でのニキビ予防、ニキビ対策が・・・・
皮膚科でにきび治療する
ニキビを治すのに市販薬ではなかなか治らないという人も多いのですが、それは自分の肌質、体質ににきび治療薬が合っていないからで、そんな時は・・・・