ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきび跡について(その1)

にきび跡というのは、にきびができて化膿を伴う炎症を起こし、炎症沈静後に残るもののことです。

 

にきび跡が残ったとしても、女性の場合は化粧である程度隠すことができますが、男性の場合は普通化粧はしませんし、女性でも深い跡になると隠すのが難しくなります。

 

にきび跡の症状はいくつか種類があり、少し色が変わってしまっただけというものから、月の表面のクレーターのように、皮膚が陥没したようになってしまうものまであります。
ニキビができやすい人は、5箇所や10箇所で済みませんから、にきび跡が残るとそれだけ憂うつな気分が増すことになってしまいます。

 

にきび跡といっても症状は人それぞれで、にきび跡の種類としては、シミになるにきび跡、赤みが残るにきび跡、クレーターのにきび跡などがあります。

 

にきび跡には体質が関係していると思われ、人によってにきび痕の種類が異なりますし、また、悪化すればするほど、ニキビ痕の状態もひどくなりやすいので、にきびができてしまった時は、早い段階でのケア治療をおススメします。

 

それに一度できてしまったにきび痕は、後から消そうと思っても、簡単に完治することは難しいので、にきびを発見したら、すぐに悪化させないような対処方法を講じましょう。

 

にきびの症状は、みんながみんな酷く化膿するということではなく、面ぼう(コメド)ができただけの状態である、白にきびで納まる人もいますから、神経質になりすぎてストレスから発生するニキビにならないよう、気持ちはあせらないようにしましょう。
ただし、できてしまった時の準備だけは怠らず、油断しないようにしましょう。

 

また、そのニキビがどこまで悪化するかは、日頃の生活習慣によることも大きいですから、食生活が乱れている方や寝不足で肌荒れしやすい方は改善に努力し、ストレッチなど運動をしてみたり、スキンケアをしたりすることも大切ですね。

にきび跡について(その1)関連エントリー

にきびとは〜ニキビの基礎知識(その1)
にきびってどうしてできるのでしょうか? にきびができる原因を知らなくても、お肌のケアはできますが、にきびのできる理由・原因を知っておくと効果的なニキビケア、肌の手入れができると思います。
にきびとは〜ニキビの基礎知識(その2)
にきびは皮脂やアクネ菌が、毛穴に詰まった状態になってしまうとできるようですが、角質層の硬化が毛穴の詰まりの原因となるようです。 角質層の硬化は・・・・
にきび跡について(その1)
にきび跡の症状はいくつか種類があり、少し色が変わってしまっただけというものから、月のクレーターのように、皮膚が陥没したようになってしまうものまであります。 にきび跡が残ると・・・・
にきび跡について(その2)
にきび跡は十分なケアをせずに目立つような痕ができてしまうと、なかなか治し方が難しいと云われます。 にきび跡の種類には、シミになるにきび跡、赤みが残るにきび跡、・・・・・
にきびの芯とは
にきびの芯というのは毛穴に詰まってしまった皮脂が酸化して、凝り固まった状態のもので、「にきびの芯」とか、「コメド」などの呼び方をします。  にきびの芯は、知っていると思いますが、・・・・
にきびの膿は出すべきか
にきびに膿が出来てしまった場合、それはかなりにきびが重症化しているということです。 できたばかりのニキビがいきなり膿となることはありません。 通常は、・・・・
ニキビにはニキビ予防が不可欠
にきびを悪化させてクレーターや色素沈着などのにきび跡を作らないようにするためには、普段からのスキンケアや初期症状でのニキビ予防、ニキビ対策が・・・・
皮膚科でにきび治療する
ニキビを治すのに市販薬ではなかなか治らないという人も多いのですが、それは自分の肌質、体質ににきび治療薬が合っていないからで、そんな時は・・・・