ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきび薬の種類(1)

にきびに対処する方法としては、にきび専用化粧品を使う、エステに通う、ニキビ薬で治療する、朝晩の洗顔を欠かさない、規則正しい生活をする、食生活を見直すなど、にきびを予防、対策、治療とするためにいろいろな方法があります。

 

ニキビ薬を使って治療することも一つの手段なのですが、ニキビ薬ひとつ取ってもニキビの原因や、現在の症状、肌質、生活環境などによって、自分に合う薬も違ってくるでしょう。
にきび薬の種類にもたくさんありますから、よく考えてから使用するようにしましょう。

 

にきびの症状が初期のごく軽いものであれば、ドラッグストアなどで手軽に購入できる市販薬で良いと思いますが、白にきび赤にきびになるまでに悪化していたり、広範囲ににきびが広がっていたり、また、にきび跡が残りそうな時は、すぐに皮膚科で診察を受け、それなりの処置や、処方されたにきび薬を使用するようにしましょう。

 

薬局やドラッグストアで売られているにきび薬には医薬品と医薬部外品の2種類があります。

 

医薬品はにきびの治療を目的とした薬ですが、医薬部外品はにきびの症状を抑えることはできても、直接的に治療することはできないでしょう。

 

医薬品の場合は、繁殖したアクネ菌や雑菌の殺菌効果、毛穴に詰まった皮脂の除去効果、炎症や化膿している皮膚の鎮静効果などを持っているのが普通です。

 

ただ、医薬品でにきびが改善された、治ったという場合でも、にきびができた原因には対応していませんから、新たなにきびができることがありますので注意しましょう。

 

皮膚科での処方薬も、にきびの症状に対する療法ですから普段からのスキンケアは必要です。

 

にきび薬の種類(1)関連エントリー

にきび薬について
にきびに悩まされている人は、ニキビ用化粧品だけでなく、にきび薬を使った経験のある人も多いと思います。 にきび薬は皮膚科に行けば処方してもらえますが、・・・・
にきび薬の種類(1)
ニキビ薬を使って治療することも一つの手段なのですが、ニキビ薬ひとつ取ってもニキビの原因や、現在の症状、肌質、生活環境などによって、自分に合う薬も違って・・・・・
にきび薬の種類(2)
にきびができてしまった最初の頃であれば、薬局等でも手に入れることができる、塗り薬が手軽で 良いのではないでしょうか。 ただ、市販薬は薬の効能を・・・・
にきびと抗生物質(飲み薬)と副作用
にきび治療のために皮膚科や形成外科クリニックなどに行くと、抗生物質が処方されるケースが多いと思いますが、副作用が気になるところです。  そこで・・・・
にきびと抗生物質(塗り薬)と副作用
にきびが初めてできた頃はニキビで皮膚科に行くなんて大げさだ、と思う人がほとんどなので、薬局などで買い求めた塗り薬を使用されると思います。 ところが・・・・
オロナイン軟膏でにきび対策
オロナイン軟膏と言えば昔から色々な症状に使うことが出来る薬として知られていますが、オロナイン軟膏の効能を見てみるとニキビ、吹出物にも効くように書かれていて・・・・
オロナインでにきびは治るのか
大塚製薬のオロナインの効能をを見てみると、しもやけ、赤ぎれ、やけどなどだけでなく、ニキビにも効く事が書かれています。 ニキビができてしまうのは、そもそも皮脂が・・・・
クレアラシルのニキビ治療効果は?
ニキビ治療薬に「クレアラシル」という市販薬があります。 オロナイン軟膏と並んで有名な薬ですが、クレアラシルはにきび治療薬として、どんな特徴があるのか見て見たいと思います。
にきびと漢方薬(1)
にきびを治療しようとして皮膚科を受診したとすると、炎症や化膿を起こしている患部を鎮静するために、抗生物質が使われることが多いと思いますが・・・・
にきびと漢方薬(2)
漢方薬を手に入れたいとおもっている場合には、漢方薬専門の薬店などで、自分の症状を相談してから処方してもらう方が良いと思われます。 漢方薬には色々な効果があることは・・・・
にきび治療に飲み薬(市販薬)
にきびができてしまった時の処置として薬を使用する場合、一般的には飲み薬より塗り薬を塗るというイメージの人が多いと思います。 でも、にきび治療には・・・・
にきび治療に塗り薬(市販薬)
にきび治療の薬としては、塗り薬と飲み薬がありますが、使用例が多いのはやっぱり塗り薬でしょう。 にきびの塗り薬は、ニキビの状態が軽度で・・・・
にきび治療にステロイド剤
にきび治療にステロイド剤が使われることがたまにあります。 ステロイドというのは副腎皮質ホルモンのことで、体内の腎臓の上の副腎でつくられているホルモンであり、・・・・
にきび治療にホルモン剤
にきびの原因というと、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、睡眠不足、食生活の乱れ、体質・遺伝など、色々とありますが、思春期にきびの・・・・