ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきびと抗生物質(塗り薬)と副作用

にきび治療抗生物質が使われることが多いのは、にきびをそれ以上悪化させないために、菌を死滅させ、炎症を鎮める効果が高いからです。

 

にきび治療薬としての抗生物質には飲み薬と、塗り薬がありますが皮膚科などでは飲み薬の方が一般的で、両方を処方される場合もあります。

 

にきびが初めてできたのは思春期の頃だという人が多いと思いますが、その頃はニキビで皮膚科に行くなんて大げさだ、と思う人がほとんどなので、薬局やドラッグストアで買い求めた塗り薬を使用されると思います。

 

ところが、ニキビのできる原因をよく知らない人で、ニキビケアを怠っている人は、にきびを悪化させてしまいがちです。
自分なりの対策では効果が上がらない時は、抗生物質で治療するのが一番の早道だと思います。

 

にきび治療に使われる塗り薬の抗生物質にはどんなものがあるか見てみましょう。
リンコマイシン系のにきび治療薬には、リン酸クリンダマイシンなどの薬があり、細菌がたんぱく質合成するのを防ぐことでニキビ菌(アクネ桿菌)やブドウ球菌の繁殖を押さえ、にきびの炎症・化膿を防ぎます。
1日に2回程度、朝と夜に肌をきれいにした後、薬を塗り込むだけですが、アレルギー体質の人はかゆみがあったり、皮膚が乾燥するなどの副作用があります。

 

その他には、ニューキノロン系のナジフロキサシンなどの薬がありますが、この抗生物質は細菌がDNAをコピーすることを許可しないので、ニキビ菌やブドウ球菌の繁殖を押さえ、炎症・化膿を防ぎます。
ナジフロキサシンもリン酸クリンダマイシンと同じように、朝と夜の2回炎症している患部に塗りこみますが、副作用としてはやはり、かゆみやかぶれが起きることがあります。

 

抗生物質は副作用が心配ですが、塗り薬についてはまれに、かゆみやかぶれが起こる程度で、飲み薬に比べれると影響は小さいような気がします。

 

にきびの塗り薬でもアキュテインというのがありますが、これは効果が強力で他の薬がダメなときはこれを使用することがあります。
ただし、胎児に悪影響を及ぼす可能性があるため、妊婦や妊娠の疑いがある方は使用できません。

 

塗り薬にしても飲み薬にしても、抗生物質のにきび治療薬は効果が高いため、これに頼りがちになりますが、副作用を考えるとよくありませんし、にきび対策は対症療法よりも対因療法を考えるべきであり、それには朝晩の洗顔や、食生活の改善、ストレスを溜めない規則正しい生活をすることだと思います。

にきびと抗生物質(塗り薬)と副作用関連エントリー

にきび薬について
にきびに悩まされている人は、ニキビ用化粧品だけでなく、にきび薬を使った経験のある人も多いと思います。 にきび薬は皮膚科に行けば処方してもらえますが、・・・・
にきび薬の種類(1)
ニキビ薬を使って治療することも一つの手段なのですが、ニキビ薬ひとつ取ってもニキビの原因や、現在の症状、肌質、生活環境などによって、自分に合う薬も違って・・・・・
にきび薬の種類(2)
にきびができてしまった最初の頃であれば、薬局等でも手に入れることができる、塗り薬が手軽で 良いのではないでしょうか。 ただ、市販薬は薬の効能を・・・・
にきびと抗生物質(飲み薬)と副作用
にきび治療のために皮膚科や形成外科クリニックなどに行くと、抗生物質が処方されるケースが多いと思いますが、副作用が気になるところです。  そこで・・・・
にきびと抗生物質(塗り薬)と副作用
にきびが初めてできた頃はニキビで皮膚科に行くなんて大げさだ、と思う人がほとんどなので、薬局などで買い求めた塗り薬を使用されると思います。 ところが・・・・
オロナイン軟膏でにきび対策
オロナイン軟膏と言えば昔から色々な症状に使うことが出来る薬として知られていますが、オロナイン軟膏の効能を見てみるとニキビ、吹出物にも効くように書かれていて・・・・
オロナインでにきびは治るのか
大塚製薬のオロナインの効能をを見てみると、しもやけ、赤ぎれ、やけどなどだけでなく、ニキビにも効く事が書かれています。 ニキビができてしまうのは、そもそも皮脂が・・・・
クレアラシルのニキビ治療効果は?
ニキビ治療薬に「クレアラシル」という市販薬があります。 オロナイン軟膏と並んで有名な薬ですが、クレアラシルはにきび治療薬として、どんな特徴があるのか見て見たいと思います。
にきびと漢方薬(1)
にきびを治療しようとして皮膚科を受診したとすると、炎症や化膿を起こしている患部を鎮静するために、抗生物質が使われることが多いと思いますが・・・・
にきびと漢方薬(2)
漢方薬を手に入れたいとおもっている場合には、漢方薬専門の薬店などで、自分の症状を相談してから処方してもらう方が良いと思われます。 漢方薬には色々な効果があることは・・・・
にきび治療に飲み薬(市販薬)
にきびができてしまった時の処置として薬を使用する場合、一般的には飲み薬より塗り薬を塗るというイメージの人が多いと思います。 でも、にきび治療には・・・・
にきび治療に塗り薬(市販薬)
にきび治療の薬としては、塗り薬と飲み薬がありますが、使用例が多いのはやっぱり塗り薬でしょう。 にきびの塗り薬は、ニキビの状態が軽度で・・・・
にきび治療にステロイド剤
にきび治療にステロイド剤が使われることがたまにあります。 ステロイドというのは副腎皮質ホルモンのことで、体内の腎臓の上の副腎でつくられているホルモンであり、・・・・
にきび治療にホルモン剤
にきびの原因というと、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、睡眠不足、食生活の乱れ、体質・遺伝など、色々とありますが、思春期にきびの・・・・