ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

にきびとアルコール

にきびアルコールの関係についてみてみたいと思います。
お酒が好きで飲む人って結構いると思いますが、お酒を飲みすぎた翌日にニキビがひどくなっていたという経験はないでしょうか?

 

適度にアルコールを摂取することは、血行をよくしてくれたり、食欲が旺盛になるなど、お酒が薬になることもあります。
ところが、そのアルコールでにきびが悪化しているということをご存知でしょうか?

 

アルコールが体の中に入ってくると、良い面でも悪い面でも体調の変化がおきますが、にきびにも間接的に悪影響を与えてしまいます。
アルコールを程よく飲んでいる場合はメリットの方が大きいので良いのですが、飲みすぎた場合のデメリットは、かなり体へのダメージが来てしまいます。

 

まず、アルコールの飲みすぎは胃壁が荒れて、消化器系の負担になります。
そして、アルコールは糖分が多いために、余分な糖分は脂肪に変わり中性脂肪を増やしてしまうことになるので、毛穴からの皮脂の分泌量も増えてしまいます。

 

アルコールを摂取すると毛細血管が拡張して皮脂腺を刺激し、皮脂分泌量が増えてしまいますが、毛穴付近の角質が普段から正常にピーリングされていれば、ギトギト顔になるだけで洗顔すればにきびになることもないでしょう。
でも、角質が厚くなっている状態で皮脂分泌量が増えると、毛穴が詰まり炎症を起こしてにきびになってしまいます。

 

会社の宴会などでアルコールの取りすぎになりそうな時は、胃腸の粘膜が荒れないように、事前に牛乳や胃腸薬を飲んでおくなど、なにかアルコール対策をしておかないと、にきびが悪化してしまいますから注意しましょう。

 

そのほか、アルコールによる悪影響としては、夜更かしや寝不足があります。
「お酒を飲まないと寝れない」という人もいますが、お酒を飲んで寝ると眠りが浅くなってしまうので、長時間眠れますが、熟睡していないことが多いです。
にきび予防のためにアルコールはほどほどにしたいですね。

 

また、同じアルコールでも、化粧水にアルコールを使っているものがあります。
にきび用化粧水に殺菌成分としてアルコールが使われるのです。
殺菌という点に関してニキビ菌に対するアルコールは良いのですが、バリア機能が低下した肌にアルコール入り化粧水は刺激となるので肌荒れの原因となります。
アルコールが含まれている商品もかなり多いので、今の自分の肌の状態を考え、バリア機能が低下している時は、回復するまでノンアルコール商品を使用するなど対策を考えましょう。

にきびとアルコール関連エントリー

ニキビと食生活の関係
ニキビには食生活の偏りというのが非常に影響します。 なぜかと言いますと、にきびというのは、毛穴から皮脂が過剰に分泌され、そこに・・・・
チョコレートとニキビの関係
ニキビができる原因のひとつに「チョコレートの食べすぎ」というのを聞いたことがあると思います。 本当にチョコレートを食べすぎると、にきびが出来やすいのか調べてみましょう・・・・
にきびに悪い食べ物
にきびと食べ物の関係は、昔から色々と言われてきましたが、にきびが体の中からできるものである以上、普段の食習慣や好きな食べ物にかなり影響を受け・・・・
にきび予防に良い食べ物
にきび予防を考えるとき、にきびだけでなく体の健康状態にも影響を与える食事の内容はすごく重要です。 今までの食生活、食習慣を見直してみましょう・・・・
にきびとアルコール
お酒が好きで飲む人って結構いると思いますが、お酒を飲みすぎた翌日にニキビがひどくなっていたという経験はないでしょうか? 適度にアルコールを摂取することは・・・・
にきびと炭水化物
にきびができるときや、ニキビ予防をしようとする時は炭水化物が関係します。 にきびと炭水化物なんて関係無さそうに思えますが・・・・
ニキビと油分の多い食事
ニキビと関係のある食事内容として油分の多い食事を取り上げたいと思います。 チョコレートやナッツ類を食べた後・・・・