ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

黄にきび、というのは?

黄にきびというのは、赤く炎症を起こしている赤にきびが、さらに悪化した状態のものです。

 

黄にきびまで悪化してしまうとあとがありません。
ニキビの最終形であり「化膿にきび」とか「膿腫」と呼ばれます。

 

黄にきびを見てみると、赤く腫れて炎症を起こしていますが、、毛穴の中は黄色っぽいクリーム状の膿が溜まっていて腫れているのがわかります。
膿が溜まって盛り上がり、重症な場合は膨らんだその膿が破裂して、痛みが伴う場合もあります。

 

黄ニキビの状態まで進んでしまうと、大抵は真皮まで傷付いていると思うので、炎症が治まったとしても、凹凸が残りクレーター状のにきび跡が残ります。
にきび跡がケロイド状になってしまったり、クレーター状のにきび跡では紫外線に刺激されて色素沈着を起こし、赤色や茶色のシミとなって残る場合もあります。

 

このように黄ニキビにまで陥ってしまうと、自宅だけでのニキビケアは難しく、症状も多様になるので、皮膚科で膿を取り除く治療をお勧めします。
皮膚科でのにきび治療は抗生物質などで治療されることが多いようです。

 

ニキビについては、ケアせずに放置すると、重症化してしまうことが多いので、ニキビが出来た最初の段階で確実にケアする事が大切です。
毎日洗顔したりして肌を清潔に保ち、毛穴に皮脂が溜まらないように気をつけるとともに、乱れた食生活や不規則な生活習慣を正すようにしましょう。

黄にきび、というのは?関連エントリー

大人にきび、というのは?(その1)
大人にきびに悩む人が増えていると聞きますが、増えている理由を考える前に、大人ニキビというのはどういうニキビのことなのか調べてみたいと思います。 思春期にきびと大人にきびの・・・・
大人にきび、というのは?(その2)
大人にきびというのは、思春期にきびと同じもので、皮脂分泌が活発なって、アクネ菌を増殖させてしまった結果起こるものですが、ニキビの発生要因に違いが・・・・
白にきび、というのは?
白にきびというのは、ニキビが悪化する段階の中でも初期の段階の症状のことで、、毛穴のところにチョロッと白くみえるのがそれです。 白にきびができる原因というのは、・・・・
黒にきび、というのは?
にきびは、黒にきび、白にきび、赤にきびなど、にきびの状態によってそれぞれに呼ばれることがあり ます。 黒にきびというのは、白にきびが悪化して次の段階に進行した状態のにきびで・・・・
赤にきび、というのは?
赤にきびは見るからに痛そうで、にきびが赤く炎症を起こしている状態ですが、いきなり赤にきびになるのではなく、白にきび、または黒にきびの状態のときにケアしていれば、・・・・
黄にきび、というのは?
黄にきびというのは、赤く炎症を起こしている赤にきびが、さらに悪化した状態のものです。 ニキビの最終形であり「化膿にきび」とか「膿腫」と呼ばれます。 黄にきびを見てみると、・・・・