ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

大人にきび、というのは?(その2)

大人にきびというのは、よく言われる「吹き出物」のことですが、思春期にきびと同じもので、皮脂分泌が活発なって、アクネ菌を増殖させてしまった結果起こるものです。

 

にきびができる種類、場所などは、多少思春期にきびと違うところがあるかもしれませんが、大差はないと考えられます。
ただニキビの発生要因に違いが見受けられるので、対処法は思春期にきびに使った方法では解決しないことがありますから注意する必要があります。

 

大人にきびのできる場所の特徴としては、あごのあたりや、首の周り、顔の端の方に出来やすしようですね。私も時々あごの下や首筋にできることがあります。

 

大人にきびは、その人の生活習慣や食生活、ストレスの度合いなどで、にきびの出る頻度は違ってきます。
例えば欧米型で肉や油脂類の多い食生活を送っているひとは、にきびもでやすいですが、お米と野菜中心の日本食を好む方は吹き出物も少ないでしょう。
ただ、どちらもにきびが出来た時は、専用の化粧品を使うようにすることも大切だと思います。

 

見た感じ、にきびに似ているものに毛包炎(毛嚢炎)というのがありますが、ご存知ですか?
毛包炎というのは、小さなおできのような感じの、米粒くらいの大きさのぶつぶつ(1個あるいは数個〜数十個)が、身体の毛の生えているところならどこにでもできるというものです。

 

毛包炎は子供から大人までみんななることがあり、特に首の後ろや太もも、お尻などにでき易いようです。
毛包炎の原因は、毛根を包んでいる所(毛包)にブドウ球菌が感染して起こる皮膚病で、毛包の浅い部分だけが感染するだけなので、大した痛みもなく自然に治ってしまうほどのものです。

 

ただ、毛包炎がニキビと似ているので、毛包炎だと思って放置していたら、にきびだったので、ニキビ跡が残ってしまったという事があるので注意したいですね。
毛包炎なのかニキビなのか、自分で判断が付かない場合は、皮膚科で診断してもらう方が良いでしょう。

大人にきび、というのは?(その2)関連エントリー

大人にきび、というのは?(その1)
大人にきびに悩む人が増えていると聞きますが、増えている理由を考える前に、大人ニキビというのはどういうニキビのことなのか調べてみたいと思います。 思春期にきびと大人にきびの・・・・
大人にきび、というのは?(その2)
大人にきびというのは、思春期にきびと同じもので、皮脂分泌が活発なって、アクネ菌を増殖させてしまった結果起こるものですが、ニキビの発生要因に違いが・・・・
白にきび、というのは?
白にきびというのは、ニキビが悪化する段階の中でも初期の段階の症状のことで、、毛穴のところにチョロッと白くみえるのがそれです。 白にきびができる原因というのは、・・・・
黒にきび、というのは?
にきびは、黒にきび、白にきび、赤にきびなど、にきびの状態によってそれぞれに呼ばれることがあり ます。 黒にきびというのは、白にきびが悪化して次の段階に進行した状態のにきびで・・・・
赤にきび、というのは?
赤にきびは見るからに痛そうで、にきびが赤く炎症を起こしている状態ですが、いきなり赤にきびになるのではなく、白にきび、または黒にきびの状態のときにケアしていれば、・・・・
黄にきび、というのは?
黄にきびというのは、赤く炎症を起こしている赤にきびが、さらに悪化した状態のものです。 ニキビの最終形であり「化膿にきび」とか「膿腫」と呼ばれます。 黄にきびを見てみると、・・・・