ニキビ予防〜にきび跡の治し方とケア方法

スポンサード リンク

肌荒れとニキビの関係

肌あれニキビの両方に悩んでいる人が最近は特に多いようですね。
ずっと以前は、にきびというと思春期にきびのことを言い、大人になってからのニキビのことは、「吹き出物」などと言いましたがにきびとはあまり言いませんでした。

 

また逆に、肌荒れについては20代後半からだんだんと気になりだす人が多くなり、思春期の頃は「肌が荒れて困るわ」なんていう話はあまり聞いたことがありませんでした。

 

ところが最近は、肌荒れが気になり出す頃に大人にきびも増えてきているようです。
肌荒れとニキビには関係があるのでしょうか?

 

肌荒れがするというのは、皮膚のバリア機能が低下してきているということです。
通常、皮膚の細胞は、4〜6週間位で新しい細胞に入れ替わりますが、肌の栄養不足や新陳代謝がスムーズに行なわれなかったりすると、このターンオーバーの周期が乱れてしまいます。

 

またにきびの原因でもある皮脂の分泌量が少なすぎても、肌の水分が蒸発しやすくなり肌荒れを起こします。
肌荒れの原因は他にも考えられますが、肌荒れによって皮膚の抵抗力が弱くなっているため、にきびのアクネ菌も繁殖しやすい状態になっていると言うことです。

 

昔に比べて生活環境が著しく変化していますが、これも肌荒れとにきびに大きく影響していると考えられます。
生活環境の変化でよく言われるのが、食習慣とストレスではないでしょうか。

 

肌がよく荒れる人は、ストレスが溜っていたり、就寝時刻が不規則で睡眠時間を充分取れていない人に多くて、肌のトラブルが絶えないとよく聞きます。
こうなるとニキビも出来やすくなるわけです。

 

食生活の面でも不規則な食事時間や、乳製品・肉類中心の食事を摂っていると、肌に大きな影響がでます。
脂っこい食べ物は皮脂の分泌が増えてきますし、不規則な食事時間は胃腸の働きも不安定になり、肌の栄養不足ということに繋がります。

 

ビタミンが不足していると、どうしても肌が荒れがちになるので、サプリメントでビタミン補給するのもいいかもしれません。

 

ですから肌荒れやにきびができやすい体質になっているひとは、洗顔を充分行なうなどニキビケアをしっかりした上で、穀物と野菜中心の栄養バランスが取れた食事、睡眠時間の確保、ストレスを溜めない生活に改善するように努めましょう。

 

肌荒れとニキビの関係関連エントリー

にきび予防の基本
にきびはできてしまったら仕方がないものですが、治すのにも一苦労しますから、普段からにきび予防を心掛けて油断しないように・・・・
にきび予防に洗顔は大切
にきびというのは、皮脂分泌物が毛穴になければ炎症も起きず、にきびもできないわけで、そのためには洗顔をするということが、顔のにきび予防にとっても大切になります。 ただし、・・・・
ニキビ予防の正しい洗顔方法
ニキビ予防には洗顔が欠かせません。 しかし、洗顔をしても毛穴に汚れが残ってしまうような洗顔方法では、にきびになってしまう可能性が高くて意味がありません。 毛穴の汚れを綺麗に落とすため・・・・
肌荒れとニキビの関係
肌あれとニキビの両方に悩んでいる人が最近は特に多いようです。 ずっと以前は、にきびというと思春期にきびのことを言い、大人になってからのニキビのことは、・・・・
にきびはつぶしても良いですか?
にきびをつぶした方が良いと言う人と、ニキビは潰さない方が良いと言う人と、両方とも聞きますがどちらが正しいのでしょうか? それは・・・・
にきびをつぶすときの注意
にきび芯を取り出そうとするときは、後でにきび跡にならないように注意が必要です。 ニキビをつぶすということは、実は大きな負担を肌にかけているということを知っていますか?
にきびの予防改善にサプリメント
にきびの予防と改善にサプリメントが良いとよく聞くようになりましたが、今やサプリメントというと何千種類?とあってどれを選べばよいのかわからなくなってしまいます。・・・・
ストレスにきびの予防
ストレスがたまるとニキビになりやすいのですが、どうしてにきびが出来やすくなるのでしょうか?、またストレスにきびを予防するためにはどうすれば・・・・
紫外線対策でニキビ予防
ニキビの原因には紫外線によることもあります。 紫外線がにきびに良くないわけは、紫外線の中の種類にUVA波というのがあって、肌の奥まで達し、肌の・・・・
睡眠不足はニキビに良くない
ニキビができやすい方には睡眠不足の人が多いです。 睡眠不足がどうしてニキビや肌に影響するのか?ということですが、人間の皮膚というのは・・・・
汗とニキビ
ニキビができる原因はいろいろとありますが、汗もニキビの原因になります。 汗をかきやすいTゾーンや背中、デコルテにニキビができやすいことから・・・・